2回目のデートの「脈あり」サインと男性心理!成功&失敗談も紹介

  • 「2回目のデート」エピソード集!【成功&失敗談】

    2回目のデートを成功させるためには、実際の成功or失敗エピソードに注目をしてみるのもいいでしょう。特に失敗エピソードは、デートを成功させるために気をつけたいポイントが学べるため注目しておいて損はありません。

    どんな2回目デートが成功するのか、そして失敗に繋がってしまうのか…最後にチェックしていきましょう。

    告白しようとしたら向こうから告白された!


    「気になる同僚とは価値観や合うし共通点もたくさんある。付き合いも長いから信頼もできるし…だから、正直距離も縮まってるし2回目のデートで告白してもいいかなと思ってた。そう思っていたけれど2回目のデート終盤でまさかのあちらから告白!自分も告白しようと思ってたと伝え、見事カップルになりました」(28歳/男性/事務)

    2回目のデートは告白のタイミングとしてやや早めというのが一般的な考えです。しかし、すでに付き合いが長く信頼関係が築けている状態ならば、早めの告白も成功する場合もあります。

    相手と友達関係が長い、かなり信頼し合っているという自信があるなら、2回目のデートでの告白を計画してみてもいいでしょう。

    好意を感じて告白したら…


    「好きな人見事2回目のデートにこぎつけることに成功。相手は優しいし、エスコートもしてくれるし、これは両想いなのかなと感じてその日に告白しようと覚悟を決めることに。しかしいざ告白したら“気になってるけど正直付き合うまでの気持ちはまだない”と言われ、告白を焦ったことに後悔しました…」(30歳/女性/営業職)

    たとえ相手からの好意を感じていたとしても、まだ十分に距離が縮まっていない状態で告白をすればNOと断られる可能性は高くなります。

    焦って告白をすれば気まずい雰囲気が漂い、せっかく築いてきた関係が崩れてしまう可能性があります。距離が縮まったと自信を持って思える状態で告白をしたほうが、失敗のリスクを抑えることができるでしょう。

    脈ありだと思って馴れ馴れしい態度をとったら…


    「職場の後輩をデートに誘ったことがあった。1回目のデートのOKをもらった時から脈ありだろうと過信している自分がいて、2回目のデートでは彼氏になったつもりで馴れ馴れしく接してみた結果、後日職場で周りから“○○ちゃんが怖がってたけど何したの?”と問い詰められることに…。一気に距離を縮めたことでドン引きされたようでした」(30歳/男性/飲食店勤務)

    付き合う前から恋人面をしてドン引きされるケースは珍しくありません。たとえ相手が少なからず脈あり状態だったとしても、段階を踏まずに馴れ馴れしくされてしまえば熱は冷めてしまうことは多いのが事実です。

    脈ありかも…という自信があったとしても、告白をして正式に付き合うまでは恋人面をするのは避けたほうが良いでしょう。

    2人でデートプランを考えて楽しい1日になった!


    「気になる人からの2回目のデートのお誘い。1回目のデートもあちらから誘ってくれて色々プランを練ってくれたけど任せっきりは申し訳ないと思って、自分からデートプランの話題を出して2人の行きたい場所に行くことに。2人の興味がある場所に行けたから1回目デートよりも盛り上がって、すごく楽しい1日になりました!」(27歳/女性/秘書)

    誘われた側もデートプランを積極的に考えることで、お互いに寄り添った形でデートを楽しめる可能性が高くなりますよね。そんな歩み寄りを見せる相手への印象がUPし、より良い関係が築けるようになるでしょう。