2回目のデートの「脈あり」サインと男性心理!成功&失敗談も紹介

  • 2回目のデートで注意すべき点とは?

    次に解説していくのが、2回目のデートで注意すべき点についてです。たとえ脈ありだったとしても、注意すべき点を無視してしまえば、今までの苦労は水の泡…2人の関係が一気に冷めてしまう可能性が高まります。

    2回目のデートを成功させるためにも、気をつけるべき点はしっかりと抑え、確実に成功するように意識していきましょう。

    最低限の礼儀やマナーは守る


    最低限の礼儀やマナーを守ることが、デートを成功させる秘訣だと言えます。最低限の礼儀やマナーが守れていないと、たとえ脈ありだったとしても一気に興味が失われてしまう可能性があるからです。

    特に注意したいのが食事の場です。店員への態度、食事中のテーブルマナーなど、基本的な礼儀やマナーがなっていないと幻滅され、距離を置かれるリスクは高くなります。

    特に食事中に咀嚼音を鳴らす行為…いわゆるクチャラーは、一緒に食事をしていてストレスを感じる人が多いため、確実に気をつけたいポイントだと言えるでしょう。

    心配な人は友人や家族に自分の礼儀やマナーについて聞いてみて、デート中や食事中にも失敗を犯さないように細心の注意を払ってくださいね。

    男性にまかせっきりはNG!


    デートプランを男性に任せっきりにする行為は控えましょう!1回目のデートならば男性が張り切ってデートプランを練ることが多いものの、2回目はできるだけ2人でデートプランを考えたほうが、距離が縮まりやすくなります。

    また、なんでも男性に任せっきりという態度は男性に大きなプレッシャーやストレスを与えることも珍しくありません。

    いくら脈ありだったとしても、男性側が負担を感じていればデートを素直に楽しむことができず、「この子とは相性が悪いかも」と思われてしまう事もあるからです。

    たとえ男性が中心となってデートプランを考えてくれるにしても、男性が行きたい場所に行こうと伝えてみたり、自分が食べたいものを伝えてみたりして、任せっきりにならないように意識していきましょう。

    馴れ馴れしい態度を取りすぎない


    いくら相手が脈ありだったとしても、付き合っていない段階で馴れ馴れしい態度を取りすぎるのは避けたほうが良いでしょう。男慣れしていると思われる可能性が高く、幻滅されて距離を置かれるリスクが高くなります。

    また、付き合う前から恋人面する人に嫌悪感を示す人がいるのも事実です。その場合はいくら脈ありだったとしても礼儀がなっていない、不誠実だと思われ、気持ちが冷めるきっかけになってしまいます。

    時間にルーズだと脈ありが脈なしになるリスクがある


    すべてのデートに言えることですが、時間は厳守です!特に「2回目デート」というやや特殊な状況では、相手からチェックが厳しくなっていることが多いため、気をつけましょう。

    時間にルーズだと、付き合っていても苦労しそう、確実に不満を抱きそうというイメージが男性の中に浮かびます。たとえ今まで脈ありだったとしても、時間にルーズな一面が見えてしまうと、やがて興味を失うことに繋がりかねません。

    普段から遅刻癖がある人は「たかが遅刻で…」と思うかもしれませんが、時間を守れない人は「他の約束も守れなさそう」「自分勝手な人だな」と思われやすいため、要注意です。

    緊張してても感謝の気持ちだけは忘れない


    たとえ2回目のデートだったとしても、緊張していて上手く話せない、接することができないと悩む人もいるでしょう。特に恋愛経験が少ない場合や男性にベタ惚れの場合などは、2回目のデートでも上手く話せず、縮こまってしまう人は珍しくありません。

    そんな場合でも、相手がしてくれた些細な行動や言動、あなたに対しての優しさや思いやりが感じられる行為に対しては、感謝の気持ちを口に出すことが大切です。

    いくら緊張しやすい性格だと男性がわかっていたとしても、何かをしてあげたのに無反応という状態は耐え難いもの。そんな状態を作らないためにも、相手の思いやりには精一杯向き合う姿勢を持つことが重要だと言えます。