2回目のデートの「脈あり」サインと男性心理!成功&失敗談も紹介

  • 男性が2回目のデートで見せる「脈あり」サイン

    次に注目していくのが、男性が2回目のデートで見せる脈ありサインです。男性が脈ありなのかそれとも脈なしなのかを確かめたい、その場合はぜひ2回目のデートでの男性の様子をチェックしてみてください。

    また、これから解説していく脈ありサインは2回目のデートに限らず、1回目のデートでも見られるものがほとんどです。1回目のデートはどうだったかなと思い出しながらも、ぜひ注目してみましょう。

    待ち合わせ場所で先に待っている


    待ち合わせ時刻よりも早めに女性を待ちたいと考える男性は珍しくありません。男性の中にはデートをリードしたいと考えている人が多いため、待ち合わせ時刻よりも早めに到着し、女性を余裕を持って迎えようと考えているのです。

    脈なし男性の場合は、こういった考えには至りません。そこまで女性に尽くしてアピールをしても意味はないため、遅刻をしてきたり、時間通りにきたりする人がほとんどです。

    中には時間より前にくる人もいますが、その場合は他の脈ありサインと照らし合わせてみると、男性が脈ありなのか、それとも脈なしなのか、見極めることができるでしょう。

    一緒にいる間スマホをあまり見ない


    脈あり男性の場合、一緒にいる間はあまりスマホを見ません。一緒に過ごす相手がいるにもかかわらずスマホに夢中になる行為は非常識だと考える人は多いため、自分の印象を下げないためにもスマホを見るのを避ける人は多いのです。

    また、男性が脈ありの場合、せっかくのデートの時間をスマホで潰してしまうのはもったいないと考える人がほとんど。

    むしろデートに夢中になりすぎてスマホの存在を忘れてしまうという人は珍しくないため、スマホに触る頻度で男性の脈あり度を確かめてみるのもおすすめです。

    たくさん褒めてくれる場合は脈ありの可能性大


    褒められると、ほとんどの方は嬉しくなりますよね。そして、褒めてくれた相手に対して良い印象を持つのではないでしょうか。だからこそ、大半の人は好きな人ができると、その相手をたくさん褒めるようになります。

    これは、好きになった人の魅力や長所に目がいくため、自然と褒め言葉が出てきてしまうからです。

    ただしこの脈ありサインは1回目のデートだと、褒めたくても緊張から褒められないケースが多いのも事実。そのため、ある程度余裕が生まれた2回目のデートから褒め言葉が増えてきたならば、脈ありの可能性は高いと言えます。

    脈ありだと自然に笑顔が多くなる


    男女問わず、好きな人といると笑顔が増えますよね。意識していなくても、一緒に過ごす時間が楽しい、幸せ、そんな気持ちに包まれているため、無意識に笑顔はこぼれていくのです。

    そのため、2回目のデート中に男性の笑顔が多い場合は脈ありの可能性大。女性と一緒に過ごす時間が楽しく、自然と笑顔がこぼれている状態だと言えます。

    特に目を合わせながら笑顔になってくれる場合、かなりの確率で脈ありだと考えていいでしょう。

    ただし、この脈ありサインも、緊張のため1回目のデートでは見られないことがあるのも事実です。緊張やから上手く笑えず、顔がこわばってしまっていることもあるため、この脈ありサインは2回目以降のデートでチェックしてみると良いでしょう。