心の闇が深い人の特徴と原因|上手な接し方や予防法も徹底解説!

心の闇が深いと感じる人が周りにいませんか?また、自分の心の闇に気がついている人もいるでしょう。なぜ心に闇を抱えてしまうのか、その原因や闇を抱えやすい人の特徴をまとめてみました。心の闇が深い人との接し方や改善方法までご紹介しています。

  • 「心の闇」とはどんなもの?

    「心に闇を抱える」という表現がありますが、心の闇とはどんなものなのでしょうか?抽象的な表現でわかりにくいですよね。心の闇という言葉の意味や、心に闇がある状況について、さまざまな視点からチェックしてみましょう。

    「心の闇」とは


    心の闇と似た言葉に「心の弱さ」があります。どちらも同じような意味に捉えられがちですが、実はこの2つは異なるんです。

    心の弱さを感じるときは「悲しいとき」「失敗したとき」「ストレスを抱えているとき」「不安なとき」などでしょう。これらは心を強く持てば防ぐことができます。

    一方、心の闇は、簡単に言うと「心に負った傷」を意味します。昔受けた心の傷などがトラウマになり、心の闇になるのです。

    心の闇を抱えている人は多い?


    日頃から心の闇を感じさせる人はあまりいないと思います。多くの人が何もなかったかのように明るく振る舞い、心の傷など無いように過ごしていますよね。しかし、実は明るく振る舞いながら心の闇を隠している人は意外と多いもの。そうして普段は本心を隠し、一人になったときに落ち込んだりしているのです。

    心の闇の原因を知ることが解決のきっかけに


    自分の心に抱える闇は、なぜ蓄積してしまったのだと思いますか?原因も分からず心の闇を解決するのは、とても難しいです。どんな時に不安になるのかを考察したり、昔あった辛いことや人間関係などを思い出してみてください。その中に、心の闇の原因があるのかもしれません。

    これから心の闇を対処していきたいと考えるなら、まずは自分の心に抱える闇の原因を探っていきましょう。それが解決のきっかけになるのです。

    心に闇があると自分を見失う


    心の闇は怖いものです。心に抱えた闇を隠そうと「明るい自分」「なんでもできる自分」などを演じて生活していると、本当の自分が分からなくなっていくことがあります。

    心の闇を隠すために長期間偽りの自分を演じていると、本当の自分との違いに違和感を覚え、心のバランスが崩れてしまいます。さらに怖いのが、必死で演じようとしているのに理想の自分になれないときです。理想を演じることも、本当の自分を取り戻すこともできない事態になるのが一番怖いのです。