夫の呼び方はTPOで使い分けるべき?正しい呼び方とそれぞれの意味

夫、旦那、主人、亭主…このように、夫を示す言葉はたくさんありますよね。結婚したら一体どの呼び方を選べばよいのか分からず、困っている人も多いでしょう。そこでこの記事では、正しい夫の呼び方やTPOによる使い分け方について紹介します。

  • 「夫」のことなんて読んでる?正しい呼び方とは

    夫の呼び方はたくさんありますよね。夫、旦那、主人など外で使う呼び方もあれば、名前呼びやあだ名呼びなど、二人きりの時に使う呼び方もあります。

    種類が多いと、そのうちのどれを選んでいいのかわからない、と正式な使い方に迷う方もいるでしょう。そこで今回は、夫の正しい呼び方について見ていきましょう。すでに夫がいる人も、これからできる人も、ぜひ参考にしてください。

    夫の呼び方で悩む女性は多い?


    実は夫の呼び方で悩んでいる女性は少なくありません。彼氏彼女だったころは「うちの彼氏が」や「○○君が」と言っていればよかったのですが、結婚した途端呼び方に困るものです。

    たとえ自分が良いと思っても、夫がその呼び方を嫌う場合もあります。逆に夫が望む呼び方はよそよそしく感じられたり、気恥ずかしいことも。途中で変更するのも違和感があるため、結婚した段階できちんと決めておきたいですよね。

    他人の夫の呼び方が気になる人は多い


    「あの人は自分の夫のことを旦那って呼んでるけどどうかと思う」「ご近所さんの前で○○君と呼ぶのは子どもっぽい」など、他者が夫のことをどう呼ぶかについて気になる人は少なくありません。

    特に、「主人」「亭主」といった上下関係のニュアンスを含む呼び方は嫌われる傾向にあります。しかし、すべての場面で適切な呼び方はないのが難しいところですよね。では、どうやって使い分ければよいのでしょうか。

    夫の呼び方はTPOで使い分けるべき?


    どの呼び方が適切かどうかはTPOによって変わります。たとえば、相手が夫の両親であれば、夫と呼ぶのは変ですよね。一方、恋人時代から二人を知っている友人と話をするときには、「○○君」と呼んでもあまり違和感はないでしょう。

    すべての場面で最適な呼び方がない以上、話す相手やその場面によって上手に使い分ける必要があります。では、具体的にTPOによってどうやって夫の呼び方を使い分ければいいのでしょうか。各呼び方の意味や特徴を踏まえて、見ていきましょう。