好きな人へのアプローチはストレート&効果的に!上手なやり方まとめ

  • 好きな人への効果的なアプローチ方法

    続いてはいよいよ、好きな人への具体的なアプローチ方法を見ていきます。これを実践すれば、見事に好きな人を落とすことができるかもしれませんよ。

    目が合ったら微笑みを返す


    好きな人と目が合ったら緊張しますよね。それは相手も同じです。特に、恋愛に奥手な男性ほど、好きな人に目を合わせるのが苦手な傾向にあります。

    好きな人と目が合ったら、とりあえず微笑みを返しましょう。こうすることで、相手の緊張を和らげることができます。率直に好意を伝えられるという意味でも有効ですね。そうしているうちに、相手は恥ずかしさよりも「もっと見ていたい」と思うようになります。

    頻繁に目が合うようになれば、それは安心感や信頼感が芽生えたということ。二人の仲がいっそう深くなった証拠と言えますね。

    一緒にいられて嬉しい気持ちをアピール


    「一緒にいられて嬉しい」という気持ちを、好きな人に伝えましょう。遠回しな伝え方は必要ありません。直接言葉にして言ってもいいですし、一緒にいる時に楽しそうに振る舞うことで伝えても良いでしょう。

    一緒にいて楽しいと言われて、喜ばない男性はいません。

    そして、会えないときはメールやLINEで「会いたい」と伝えましょう。そうすることで、彼はあなたと一緒にいる時に楽しさを意識し、もっと一緒に居たいと思うようになります。

    とにかく会う


    これはとてもシンプルですが、効果の高いアプローチ方法です。できる限り、好きな人には頻繁に会うようにしましょう。

    これは、心理学でいう単純接触効果を利用したアプローチ方法です。人は、頻繁に接触する人に無条件で好意を抱きます。一度に長い時間を過ごすのではなく、頻度を高めるのがポイント。

    たくさん会うだけでアプローチになるなんて、ある意味美味しい話かもしれませんね。しかしその効果は侮れないので、積極的に活用しましょう。

    ミラーリング効果を利用する


    ミラーリング効果という心理学用語を知っていますか?これは、人は好意を抱いている相手の動きを無意識に真似してしまうことを指します。逆に言えば、相手の動きを真似していれば、それはその相手に好意を抱いているということになりますね。

    この効果は、恋愛においても活用できます。意図的に好きな人の動きを真似することで「動きが同じ=好意を抱いている」と相手に錯覚させるのです。

    ただ、これはテレビなどでも良く紹介されるテクニックなので、あなたの好きな人も知っているかもしれません。見抜かれると警戒されてしまうため、バレないように注意が必要です。

    好きな人の話に関心を示す


    男性であれ女性であれ、自分の話に興味を持って聞いてくれる相手に、悪い気はしませんよね。特に、男性は男性同士でお互いに自分のことを話したりしないので、「真剣に話を聞いてくれる相手」を心から欲しているのです。

    つまり、あなたがその相手になってあげれば、好感度上昇は間違いなし。話を前のめりで聞く、話に対して少し大きめのリアクションをするなどして、「話を聞いているよ」というメッセージを送りましょう。彼が積極的に話をしてくれるようになったら、あなたを信頼できる相手だとみなした証拠ですね。