男性が好むおっぱいの感触とは?初めて胸を触った体験談も紹介!

  • 男性が好きなおっぱいの感触とは?

    男性が好きなおっぱいの感触には、どのような特徴があるのでしょうか?おっぱいの触り心地に相当なこだわりを持っている男性もいるようですよ。

    そもそも男性は、男性ホルモンの影響から、体のあらゆる部分が筋肉質になりやすくなっています。そのため、体の表面を触ってみると、皮膚のすぐ下に厚い筋肉を感じることが多いようです。

    自分の体にはない感触だからこそ、女性らしさの象徴の一つである柔らかなおっぱいに、強く惹かれる男性が多いのでしょう。

    弾力のあるふっくらおっぱい


    まず、人気があるのが「弾力のあるふっくらしたおっぱい」です。指でつついたときに、程よい反発を感じるおっぱいが好きという意見は少なくないようです。

    弾力のあるおっぱいは、どちらかというとスポーツなどで体を動かす習慣のある女性に多いようです。鍛えられた筋肉で支えられているからこそ、ふっくらとした見た目と感触を保つことができるのでしょう。

    筋力のある女性は、姿勢が整っていることが多いので、よりふっくらとしたバストを印象付けることができます。

    柔らかいぷにぷにおっぱい


    「やわらかいぷにぷにとしたおっぱい」の感触を好む男性も多くいます。指が沈み込むような柔らかい感触を味わえるおっぱいは、癖になるという意見もあります。男性にはない、女性らしい柔らかな感触は、男性の憧れの的になるようです。

    自分の胸を触ってみても、「弾力系」と「柔らか系」どちらに該当するのか、いまいち分からないという女性も多いでしょう。それにもかかわらず、おっぱいを持たない男性側が強いこだわりを持つとは、不思議な感じがしますよね。

    あったかいもふもふおっぱい


    触り心地はもちろん、おっぱいの温度の心地よさに注目している男性もいます。「人肌が恋しくなる」という言葉にもあるように、自分の以外の人の体温は心地よいものですよね。

    柔らかな感触と人肌のぬくもりの相乗効果で、男性はおっぱいの魅力に取り付かれることが多いようです。

    一方、脂肪の多いおっぱいは、一度冷えてしまうと温まりにくい傾向があります。普段、薄着や露出の多いファッションをしがちな女性は、服装を工夫してみるといいでしょう。

    程よいサイズ感


    おっぱいのサイズにこだわりを持つ男性も多いようです。手でおっぱいを覆ったときに、しっかり包み込めるくらいのサイズが好きなのか、手からこぼれそうなサイズが好きなのか、男性によっても大きく意見の分かれるポイントでしょう。

    男性の手のサイズが千差万別である上に、人によって好みのサイズが異なるとなると、万人受けするバストサイズなんていうものは、この世にはないのかもしれませんね。小さい人も大きい人も、自分のおっぱいに自信を持って良さそうです。

    滑らかな肌触り


    感触を決める要素として、肌の質感を大事なポイントとして考えいている男性もいます。特に、女性特有の滑らかな肌を好む人が多いようです。

    普段服で隠れていることの多い胸は、紫外線の影響を受けにくいことから、手や顔などの肌と比較して滑らかでキメが整っています。すべすべのお肌の感触にはまってしまったという意見もありますよ。

    お肌の乾燥や肌荒れを予防し、滑らかなバストを維持するためには、保湿効果のあるボディクリームを活用するといいでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)