大人可愛い女性になるには?オトナなのに可愛い女性の特徴&条件

  • 大人可愛い女性の特徴《外見編》

    大人可愛い女性になるために、まずは外見をブラッシュアップしていきましょう。理想の女性に近づくためのヒントを集めました。

    いつも笑顔


    いつも笑顔でいる女性はそれだけで周囲に人が集まってきます。笑顔は、相手への「受容」を表す表情であり、親しみやすさを持ってもらうことができます。

    大人可愛い女性は、表情が明るく、素敵な笑顔を持っている人が多いですよね。そしてここが大人たるポイントになりますが、いつも笑顔なだけでなく、笑顔のバリエーションを上手に使い分けているのです。

    例えば、待ち合わせ場所で相手を見つけた時は全開の笑顔。仕事中にパッと目があった相手には口角をキュッとあげるさりげない笑顔。落ち込んでいる相手には、目を細めた穏やかな笑顔を向けるといったことです。

    このように、シチュエーションに合わせて、その場にふさわしい笑顔をパッと出せるように練習しておきましょう。

    フェミニンな服装


    大人可愛い女性は、「可愛い」と付くだけあって、フェミニンなファッションを得意とします。ワンピース、スカート、スキニーパンツなどのアイテムを上手に組み合わせて、女性らしい雰囲気を作るのはお手の物。

    フェミニンと一口に言っても、コンサバ×フェミニン、カジュアル×フェミニンなど幅広いですよね。その中から、顔や体型に一番しっくりくるものを選び取り、自分のスタイルとして確立しています。

    これは、常に鏡と向き合い、自分を魅力的に見せてくれるアイテムを研究しているからこそできること。大人とはいえ、素敵な女性はファッションの研究に余念がありません。

    ナチュラルなヘアスタイル


    髪型は顔の額縁と言われるほど、印象を大きく左右するもの。大人可愛いを目指すのであれば、何もしていない髪や、グリングリンのゴージャスな巻き髪はNGです。手が込んでいないようで、実はしっかりこだわりのあるナチュラルなヘアスタイルを目指しましょう。

    おすすめは、毛先や顔まわりを少しだけ巻いて、ヘアオイルやワックスで濡れ感を出すウェットヘア。トレンド感とナチュラルな雰囲気が両立する上、濡れたような質感で髪が綺麗に見えますよ。

    またストレートヘアにする場合も、しっかりストレートアイロンを入れておくなど、手抜きしない姿勢が大切です。

    ツヤと色で遊ぶメイク


    大人のメイクは、アラを隠そうとしてマットな厚塗り肌になってしまいます。そしてメイクが定番化しすぎていて、数年間同じ顔…。こんなあるあるに陥りがちなものです。しかし大人可愛い女性は、「ツヤ感」と「トレンドカラー」を上手に使いこなしてメイクを楽しんでいます。

    ファンデーションを選ぶ際は、マットなタイプよりツヤが出るものを選ぶと、表情が豊かに見えて若々しい印象になります。また、常にメイクアイテムは小まめに更新し、トレンドカラーを取り入れて変化のあるメイクを楽しむようにしましょう。

    常に自分の旬な顔を更新することで、いつでも周囲に新鮮な印象を残すことができますよ。

    いい香りを纏う


    いい女といえば、いい香りがつきものですよね。人間の嗅覚は記憶にも強く繋がっているため、香りのおしゃれは自分のなりたいイメージを演出するために強力なツールにもなります。

    とはいえ、男性は強い香りが苦手な人も多いため、デートや職場に香水をつけていくのは気を使うこともあるでしょう。

    そこでおすすめしたいのが、香り付きのヘアミストや練り香水などのさりげなく香るアイテムです。すれ違った時や髪が揺れた時などのふとしたタイミングに効果的に香るので、さりげなく、なおかつ鮮明に印象付けることができます。

    大人の女性のたしなみとして、香りのおしゃれをぜひ取り入れてみてくださいね。

    相手の心を掴む仕草


    髪をかきあげて耳を出す、ゆっくり歩く、座るときにスカートを伸ばすなどの女性ならではの仕草は、大人可愛い女性の必須科目です。男性と話している時だけでなく、いつでも自然に出るぐらいに自分のモノにできれば完璧。

    まずは、日々の動作を極力「優しく、丁寧に」行うことから始めましょう。意識を変えるだけで、これまでの自分の歩き方が雑だったとか、笑うときに大口を開けていたとか、いろいろな発見があるはずです。女性らしく軽やかな立ち居振る舞いを身につけましょう。