「夢に出てきた」と言われたら?意味&心理と上手な返し方まとめ!

  • 「夢に出てきた」と言われたい!夢に出る方法とは?

    好きな人には、「夢に出てきた」と言われたいですよね。しかし、相手の夢に狙って出るなんて難しいことです。

    ただ、全く方法がないわけではありません。ちょっとした工夫をすれば、相手の夢にあなたが登場する可能性を高められるかも。ということで、そのための方法をご紹介します。

    相手の夢に出るおまじないをする


    相手の夢に自分を登場させるおまじないが存在します。代表的なのは、「手のひらに相手の名前を書く」というもの。

    書くと言っても、ペンで実際に書くわけではありません。聞き手の指で、そうではないほうの手のひらに相手のフルネームを3回書くのです。そして、書いた後にその文字を飲みこむ動作をします。

    緊張した際に、「人」と掌に3回書いて飲むと緊張がほぐれるというおまじないがありますが、それと同じようなものですね。あくまでおまじないですが、強く念じればあなたの気持ちが届くかもしれませんよ。

    おやすみLINEを送る


    人は、寝ている間に1日の記憶を整理します。夢を見るのはその作業の一環だと言われています。

    そして、その整理は記憶に新しいものほど優先されます。つまり、寝る前の記憶ほど脳に定着しやすいということ。逆に、朝の記憶は寝るころにはだいぶ薄れているため、残りづらいと言われています。

    これを活用した方法が、寝る前に相手にLINEを送るというものです。就寝前におやすみLINEを送って相手に自分のことを意識させれば、その記憶が優先的に整理され、夢に出る確率が高まるという原理です。実際に夢に出る保証があるわけではありませんが、少なくとも相手に自分を印象付けるうえでは有効だといえるでしょう。

    夢に出るよう念じる


    相手の夢に出ることを強く願うだけでも効果が期待できます。なぜなら、それほど強く思っていれば、自然と行動に現れるからです。

    たとえば、人は誰でも、好きな人を無意識に目で追いかけてしまうものです。相手への想いが強いほどこの癖が出てしまうため、普段から相手の夢に出たいと念じている人の方が、目で追ってしまうことが多くなりますよね。こうして行動として現れた好意を、相手は意識的であれ無意識的であれ、キャッチしてくれるものです。

    その結果、相手はあなたのことを意識し、夢で見る可能性があります。もちろん保証があるわけではありませんが、想いのパワーを信じてみるのも良いかもしれませんね。