忙しい彼氏がもらって喜ぶメールはコレ!男性の本音と注意点も紹介

  • 忙しい彼氏にメールを送るタイミングは?

    彼氏に送ると喜ばれるメールとNGメールについて心得た後は、メールを送る時間もしっかり把握しましょう。ここでは、忙しい彼氏にメールを送るタイミングについて詳しく解説します。

    忙しい彼氏には通勤時間帯にメールする


    忙しい彼氏にメールを読んでもらいたい、そんな時は通勤時間帯にメールするのがおすすめです。

    電車の中で仕事をするのは難しいですが、スマホならいじることができるので、メールやLINEに目を通してもらえることでしょう。また、少しの間だけならメールのやりとりができる可能性が高まりますよ。

    ただし、彼氏の通勤電車が満員であったり、車や自転車で通勤している場合はメールを読むことは難しくなります。

    とはいえ、会社に着いたらスマホをチェックする可能性が高いので、返信は無くともメールの確認はしていることでしょう。忙しい彼氏が一日の始まりを良い気分で迎えられるよう、前向きな内容のメールやLINEをしてくださいね。

    彼氏の仕事が終わるタイミングがベスト


    彼氏の仕事が終わる時間帯も、メールやLINEを送るベストタイミングです。会社を出て一息ついたタイミングで彼女からメールが来ていると、疲れた心が軽くなって嬉しく感じることでしょう。

    電車通勤の彼氏なら、駅を出るタイミングでメール送ることで、家までの帰り道に電話をかけてくれる可能性もあります。

    彼氏の仕事が忙しくなる前に、仕事が終わる定時の時間やいつも乗っている電車の時間を把握しておくと、メールするタイミングが掴めますよ。

    休み明けに応援メールをする


    仕事で忙しい彼氏は、休みを返上してまで仕事をしている可能性があります。一般的には、月曜日になると「今日からまた1週間頑張るぞ!」というところを、忙しい彼氏は「もう月曜日か…なんだか休んだ気がしないな」などと考えることも多いでしょう。

    そんな彼氏には、週始めやその前日に応援メールを送るのがおすすめです。

    この時、「今日も1日頑張ろう!」などと、"自分も一緒に頑張るよ"というニュアンスの内容を送るのがベストです。「しんどいのは自分だけじゃない」「俺も頑張るか!」というように、彼氏を前向きにさせることができますよ。

    彼氏が寝ているタイミングはNG!


    深い眠りに入っている時はメールの音や振動にも気づかないかもしれません。しかし、眠りの浅い時にはメールの音に敏感になる可能性が高まります。

    やっと眠りにつくことができたのに、眠りの浅いタイミングでメールが届いたら…。仕事の連絡ならまだしも、相手が彼女だったら怒りたくもなるでしょう。

    忙しい彼氏は睡眠不足であるケースがほとんどです。少しでも早く家に帰ることができたら、いつもより長く睡眠をとりたいと思うことでしょう。久しぶりに定時で上がることができれば、21〜22時には就寝している可能性もあります。

    それくらい、忙しい彼氏にとって睡眠は大切な時間なので、寝ているタイミングにメールを送るのは避けましょう。
  • 忙しい彼氏にメールを送るときのポイント

    彼氏が喜ぶメールの内容やメールを送るタイミングの他にも、様々なポイントがあるので確認しておきましょう。ここでは、忙しい彼氏に送るメールのポイントについて詳しく解説します。

    応援する内容を盛り込む


    忙しい彼氏は、自分のせいで彼女と会う時間を取れないことを申し訳なく思っています。その気持ちを汲んであげて、メールを送る時は彼氏を応援する内容を盛り込みましょう!そうすることで、彼女に対する"申し訳なさ"が払しょくされ、仕事に打ち込むことができるようになるのです。

    例えば職場が一緒なら、「今のプロジェクト頑張ってるね!応援してるよ」などと、彼氏が具体的に何を頑張っているのかに触れるのがおすすめです。

    また、職場が別々でも「頑張っている◯◯君がかっこよくて大好きだよ。明日もファイト!」などと、"応援+褒める言葉"を盛り込むと喜びも増すことでしょう。

    忙しい彼氏を気遣う言葉を添える


    仕事が忙しいと、生活リズムも崩れてしまいます。そんな時は素直に、「体調は崩していない?」「無理だけはしないように」などと、彼氏を心配しているメールやLINEをすると喜んでくれることでしょう。

    また、「ご飯はきちんと食べているの?」「ちゃんと栄養摂らないと!」とメールしたくなる気持ちもわかりますが、ただ"聞くだけ"で終わるなら聞かないほうが良いでしょう。料理上手な男性でもない限り、一人暮らしで忙しい毎日を送っていると、食事のことまで手が回りません。

    聞いたからには作り置きを置いてきたり、差し入れを持っていくなどしましょう。

    短文で簡潔な文章を意識する


    長文メールは読むのも時間がかかりますし、疲れた頭でそれに対する返信を考えるのは非常に面倒な作業です。忙しい彼氏にメールを送る時は短文で簡潔な文章を意識するようにしてください。

    また、1つの文章が終わるごとに1行スペースを空けるなど、パッと見た時に読みやすそうな構成を心掛けると、彼氏も有難く感じることでしょう。

    寝る前に一通だけ送る


    寝る前に一通だけメールを送るのもおすすめです。その時は、"返信は要らないよ"という意味も込めて、「また明日も頑張ろうね!おやすみ」などと文末に入れるようにしましょう。

    最後が「?」で終わっているメールやLINEだと、彼氏は「返信しないと…」と焦ってしまうので、"私が送った一通だけで終わらせる!"くらいの内容でメールを送ってくださいね。