彼との将来が見えない…別れるべき?不安の原因や対処法をチェック

  • 彼との将来が見えない「真の原因」とは?

    彼との将来が見えない、そんな風に思うときは多いですが、「真の原因」は思っていたことと別にあることもあります。彼との将来が見えない真の原因に、心当たりはありませんか?

    倦怠期


    彼との将来が見えない真の原因は、今が倦怠期だからというものがあります。特に喧嘩が多いカップルや、会話が続かないカップルはこれにあたるでしょう。

    倦怠期になってしまうと、彼への気持ちがわからなくなってしまいますよね。彼に何か不満があって、将来が見えないわけではありません。好きという気持ちがわからないので、「好きでもない相手と一緒になっていいのか?」と感じてしまって、彼との将来が見えないのでしょう。

    倦怠期が彼との将来が見えない原因であるならば、それが終われば将来のことを考えられるようになります。まずは倦怠期が終わるまで、様子を見ながら彼とゆっくり過ごしてみましょう。

    彼に責任感がない


    やっていたことをすぐに放り出したり、約束をすぐに忘れてしまう。彼との将来が見えない原因の一つとして、彼に責任感がないことが挙げられます。

    きちんと約束をしたのに、「そんなこと言ったっけ?」「あ、忘れてたっ!」と責任感なく投げ出されてみてください。ちょっとイライラとしたり、いやな気持になりませんか?

    彼との将来が見えないのは、相手に責任感がなく、いらだちや不安を覚ているからです。

    彼に頼って生きようとしている


    あなたが彼に頼って生きていようとしている場合、彼との将来が見えないことがあります。彼に頼るということは、彼がしっかりとあなたを養ってくれること、ずっと自分を支えてくれることを期待しているということです。

    そのため、彼にそういう意思が見えなかったりすこしでも頼りないところがあると、「このままで大丈夫かな?」と不安な気持ちになり、彼との将来が見えないと感じてしまうのでしょう。

    かなり頑固


    例えば、彼に嫌なところがあった時。喧嘩や言い合いをしたあとに謝りもせず、自分は悪くないの一点張りだったとします。嫌なところがずっと治らない彼と、一緒にいたいとは思えませんよね。

    このように、かなり頑固で自分の言うことを曲げず、絶対に譲らない彼との将来は見えないものです。将来一緒にいたとしても、彼の言いなりにならなくてはなりません。それはあまりいいことではありませんよね。

    こういった頑固な一面が見えたことが、彼との将来が見えないと思ってしまう原因になってしまいます。