人付き合いに疲れた時の対処法!人間関係に疲れてしまう原因とは?

  • 人付き合いに疲れた原因とは?《相手に原因がある場合》

    人付き合いに疲れる原因が自分にはない場合、周囲からストレスを受けている可能性があります。では、いったいどのような環境だと、人付き合いに疲れを感じてしまうのでしょうか?

    嫌がらせをする人がいる


    嫌がらせをしてくるような怖い人が周りにいて、いつもびくびくと怯えている…ということはありませんか?そんな人がいると、いつ何をされるかわからないという恐怖や、いやなことをされるストレスで、人付き合いに疲れてしまうでしょう。

    また、自分に対する嫌がらせではなくても、安心はできません。周りの人への嫌がらせに巻き込まれてしまうこともあります。自分は関係ないのに嫌がらせに巻き込まれてしまうと、疲れてしまいますよね。

    愚痴や悪口ばかり言う人がいる


    嫌なことがあったとき、すぐ愚痴をこぼしてしまう人っていますよね。ストレス発散のための適度な愚痴なら許容範囲ですが、毎日愚痴を言っているような人と付き合うと、それだけで疲れてしまうでしょう。

    また、誰かの悪口を言う人が周りにいることも、人付き合いに疲れる原因です。自分への悪口も嫌ですが、他人の悪口を聞いているだけでも疲れてしまうものですよね。自分も陰で言われているのではないかと不安になってしまう人もいるでしょう。

    周りの人達がぎすぎすしている


    自分には仲が悪い人もいないし、人間関係はとても良好だとしても、自分の周りの人達がぎすぎすしていたらどうでしょう?

    自分と友人とは仲がいいのに、友人同士の仲が悪く、お互いの悪口ばかり。片方と遊ぶと片方が不機嫌になったりするなどとなれば、両方に気を遣わなくてはならず、疲れてしまいますよね。

    このように、自分の人間関係に問題がなくても、周りの空気がぎすぎすしていると、人付き合いに疲れてしまうことがあります。

    誰も逆らえないボス的存在がいる


    地位の高い人や、地位は高くなくてもなんとなく逆らえないボス的な人が近くにいるだけで、疲れてしまうこともあるでしょう。

    なぜなら、ボス的な存在の人は、周りの人間を利用しがちだからです。そのような人は、例えば職場の雑用はすべて人任せ、飲み会などでも機嫌をとってもらえないと不機嫌になるなど、常に自分がいい思いをしていないと気が済みません。

    そんな人が近くにいると、いやなことを押し付けられたり、顔色をうかがったりしなくてはならないので、疲れてしまうでしょう。かかわりを避けることもできず、ストレスばかりがたまってしまいます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)