彼氏の「ずっと一緒にいたい」サインとは?言葉に隠れた本音を解説

  • 彼女と「ずっと一緒にいたい」と思った瞬間

    「ずっと一緒にいたい」と感じるには、何かきっかけが必要になります。とくに男性は、彼女が自分にしてくれたことに対して強い愛情を感じるのです。ここでは、男性が彼女と「ずっと一緒にいたい」と感じた瞬間を、男性のリアルなエピソードとともにご紹介します。

    心が折れそうになったとき支えてくれたとき


    「会社で嫌なことがあって心が折れそうになったとき、さりげなく寄り添って支えてくれたことで『これからも一緒にいたい』と感じました。」(26歳/男性/営業職)

    何か嫌なことがあったとき、心が折れそうになることもありますよね。そんなときに、一番近くにいる「彼女」という存在に支えてもらうことで、「ずっと一緒にいたい」と感じるのです。

    彼氏の心の支えになれるように、普段から自分自身の心にも余裕を持ち、さりげなく寄り添っていける女性になっていきましょう。

    手料理を振舞ってくれたとき


    「家で手料理を作ってくれたとき『あ、この子とずっと一緒にいたいなぁ』と思いました。胃袋を掴まれた感じ。」(24歳/男性/一般事務)

    男性にとって、女性の手料理は特別なもの。母親に作ってもらった料理を思い出すように、自然と彼女に対しても母性を求めるのでしょう。そこで、彼氏の胃袋を掴むような意識を持ち、手料理を振る舞ってあげましょう。

    彼氏の好きな食べ物や味付けを事前に知っておくことで、彼氏の喜びも倍増しますよ。

    さりげない仕草や表情に愛しさを感じたとき


    「一緒に過ごしてて、ふとした瞬間に『可愛いな』と思ったとき、これからも一緒に過ごしたいと思う。」(28歳/男性/医療系)

    さりげない仕草や表情に愛しさを感じてもらえる場合、それは彼氏があなたのことを「これからもずっと一緒にいたい相手」として見ている可能性があります。何か大きなきっかけがなくとも、存在そのものに「愛しい」と感じているからこそ生まれる気持ちといえるでしょう。

    普段から、彼氏に対しての愛情表現を怠らず、存在そのものを愛してもらえるように努力していきましょう。

    お互いに本音で語り合えたとき


    「彼女の本音と自分の本音を、お互いに包み隠さず伝え合える仲であれば、将来のことも自然と考えるようになりますね。」(23歳/男性/接客業)

    恋人は、お互いに一番近い存在であり、一番の理解者ですよね。しかし、心のどこかで遠慮してしまったり、うまく本音が言えない人もいるでしょう。そんなときは、お互いに「本音で話す」という機会をつくってみましょう。

    本音で話すことで、それまで知らなかった相手のことを理解することができ、二人の仲がより親密なものになっていきますよ。