LINEやってない人の理由と心理|周囲の意見と本音の見分け方とは

LINEをやってないのは周りの迷惑になることがあります。仕事や友人、家族との連絡に当たり前のように多くの人が利用しているLINEを使わないのは何故なのでしょうか?この記事では、LINEをやってない人の理由や心理、特徴について解説していきます。周囲の意見も見ていきましょう。

  • LINEをやってない人はおかしい?

    LINEを交換していない人と連絡先を交換しようと思ったら、「LINEはやってないんだ」と言われて驚いた経験はありませんか?もしくは、あなたが「LINEはやってないんだよね…」と答える側の場合も。

    LINEをやってないと「どうやって生活してるの?」というくらい驚かれることがありますが、やっていないのはそんなにおかしいのでしょうか。そこで、今回はLINEをやっていない人について迫っていこうと思います。

    LINEをやってない人は少数派


    LINEはメッセージのやり取り、画像などのファイル送信、音声送信、無料通話などの機能があり、とても便利なアプリケーション。ですから、そんな便利な機能を使っていないのは驚かれてしまうのです。

    家族や友人との連絡、仕事の連絡のやり取りに広く活用されていて、今の時代はやってない人のほうが少なく、珍しいと言えるでしょう。

    LINEを絶対使わない人は迷惑?


    連絡先交換の主流は、LINE交換といっても過言ではないでしょう。ですから、連絡交換の際にLINEをやってないのは、人によっては「面倒臭い」「連絡手段として用意していないのは迷惑」と思う人も中にはいるようです。

    また、グループを作りメンバー間で情報を共有できますから、やってない人がいるとその人だけ情報が共有できず、周囲の迷惑になってしまうケースがあります。

    嘘を突いているだけの人も!


    実はLINEをやっていないのは嘘で、本当はアカウントを持っている人もいます。なぜ「やってない」と嘘をつくのかというと、単純に「連絡先を交換したくない」といった理由でしょう。連絡先を交換したくないがために「LINEをやっていないことにしている」のです。

    また、「友達の友達」が飲み会などの場に同席することになったとします。そのような場面では「とりあえず」という感じでLINEを交換することがありますが、後々連絡しあう関係にならないのなら、交換しても無駄になりますよね。

    「とりあえず」で交換ばかりしていると、登録人数が膨大になってしまい、本当に連絡したい人に連絡しにくくなってしまいます。こういうケースがあるので、わざと「やってない」と嘘をつく人もいるのです。