カップルの別れ話に最適な場所とは?場所の決め方や注意点も解説!

  • 別れ話をする際の注意点とは?

    別れ話がこじれると、相手に未練を残し、自分自身も前に進めなくなることも。そうならないように、ゆっくり話せる環境をつくって納得のいく話し合いをしたいと思う人も多いでしょう。ここでは別れ話をする際の注意点をご紹介します。

    自分の素直な気持ちを伝える


    別れ話をする時は自分の素直な気持ちを伝えるようにしてください。カップルとしてゆっくり話せるのは、これが最後だと思って後悔しないようにしましょう。

    素直な気持ちは別れる理由となった部分だけでなく、相手への感謝や好きだったという思いもです。「あなたと付き合えて幸せだった」と伝えれば、2人の付き合いは間違いじゃなかったとお互いに思うことができるかもしれません。

    あの時伝えておけばよかったと後から思っても、別れ話をした瞬間は元に戻りません。思い残すことがないように素直に気持ちを伝えられるといいですね。

    相手に期待を持たせない


    相手が別れることを受け入れられずに引き留めようとすることもあります。その時に相手に期待を持たせることはしないようにした方がいいです。期待を持たせると相手は復縁を期待して前に進めなくなるかもしれません。

    未練を残してしまうと相手も自分自身もすっきりと別れられないでしょう。別れ話をするときは、復縁の可能性をほのめかしたり、あいまいな表現は避けた方がいいですね。

    一方的にならない


    カップルの別れはある日突然来ることも。あなたは別れることをずっと考えていたとしても、相手にとっては予想していないことかもしれません。

    恋人から別れ話をされると動揺してなかなか受け入れられないこともあります。そんな相手に対して一方的に別れ話をしないように注意してください。

    そして別れる理由をすべて相手のせいにしたり自分のせいにするのも避けた方がいいです。カップルは2人で成り立つものなので別れるのは両方に理由があるはず。しっかりと話し合いをして納得してこそ未練なく別れることができるのです。

    感情的にならない


    別れ話をしていくうちに自分自身が感情的になることもあるかもしれません。しかし感情的になっても話し合いは進みません。

    もしも感情的になりそうなら、別れ話をする場所は2人きりではなく人目につく場所にしておくといいですよ。誰かが見ているという意識から感情を抑えて、落ち着いた話し合いができるでしょう。