カップルの別れ話に最適な場所とは?場所の決め方や注意点も解説!

  • 別れ話をする前に!やっておくべき事とは?

    別れ話をされる方はショックですが、する方は緊張したり切り出し方が分からず戸惑うことも。彼氏・彼女に別れる意思を伝えて納得してもらうには準備も必要です。ここでは別れ話をする前にやっておくべき事をご紹介します。

    別れを匂わせる言動


    別れることを自分の中で決めていても、相手にとっては全く予想していないという場合もあります。デートだと思ってはしゃいでいる彼女に別れ話をするのは気まずいもの。そのため別れ話をする前に、別れを匂わせる言動をして相手に察してもらうといいでしょう。

    メールやLINEの返事を遅くする、デートやセックスを断る、一緒にいてもぼんやりしているという言動は別れを匂わせます。別れ話をするための呼び出しの時は「大事な話をしたい」「聞いてほしい話がある」と言えば察してくれる可能性が高いでしょう。

    別れを切り出す言葉を考えておく


    別れ話をする前に、どうやって話を切り出すかを考えておくといいです。別れ話の切り出し方によって、話し合いの進み方や雰囲気が変わってくるからです。また、いざ別れ話をしようと思っても相手の様子を伺っているうちにタイミングを逃すなんてことも考えられます。

    「今から話すことを落ち着いて聞いてほしい」「今日呼んだのは大事な話があるから」という感じで、真剣な雰囲気で切り出してください。そうすれば相手も重要な話だと察してくれるでしょう。いきなり「別れてほしい」と言うと大きなショックを受けてしまう可能性が高いので注意してください。

    別れたい理由を明確にしておく


    別れ話で話し合いをしていくうちに、相手からどうしても別れたくないと説得されることもあるでしょう。例えば、「悪いところを直すから見守ってほしい」「新しい恋人ができるまで様子を見ながら付き合ってほしい」などと言ってくるかも。

    感情的になって「あなたじゃないとダメなの」「今別れたら死ぬかもしれない」など訴えかけてくることもあるかもしれません。そうなると相手に同情して別れを躊躇する人もいるでしょう。

    しかし別れを躊躇しても微妙な雰囲気のまま付き合いが続くだけで、以前のような感情で一緒にはいられません。そうならないためには、別れる理由を明確にして決心が揺るがないようにしておくことをおすすめします。

    同棲している場合別れた後のことを準備しておく


    同棲しているからと言って絶対に別れないとは限りません。一緒に住むようになったからこそ、相手の嫌な部分が気になったりするもの。

    別れるとなると、その後住む場所や家具・家電・荷物をどうするかも考えておく必要があります。自分の部屋に相手が住むようになった場合は、相手に出て行ってもらうことになります。出ていく期限を決めたり、合い鍵を返してもらうということも考えておきましょう。

    自分が相手の部屋に住んでいたという場合なら、別れ話をする前に少しずつ荷物を減らしておくということもできます。