両想いは雰囲気で気づく?両想いの男女に出ている「サイン」とは

  • 両想いな雰囲気だし、告白してもOK?

    両想いの雰囲気に自信を持てるようになると、そろそろ告白のタイミングかな…と考え始めることでしょう。それでも告白は緊張するので、いくら両想いの雰囲気があったとしても「本当にこのタイミングでいいのかな」と悩む人も少なくありません。

    ここからは、このように告白に悩む人のために、両想いの雰囲気から告白に至るタイミングを解説します。どんなタイミングで告白すればいいか、参考にしてみてください。

    コミュニケーションをしっかりとってから


    いくら両想いの雰囲気を感じていても、勘違いの可能性もゼロではありません。

    不幸な勘違いを防ぎたければ、告白は十分にコミュニケーションを取ってから実行に移すのがベストです。お互いを理解しあっていて、本当に両想いの雰囲気になっているのか…十分に確かめた上で相手の気持ちに確信が持てるなら、告白してしまいましょう。

    同僚に意見を聞いてみて


    同じ職場の相手と両想いの雰囲気を感じているなら、同僚の意見を聞いてみましょう。第三者から見て自分たちはどのような関係に映るのか、そして相手はどのようにあなたを思っていそうかを尋ねてみてください。第三者の意見を聞くことで、告白するべきか控えるべきかヒントが得られるでしょう。

    特に両想いの雰囲気が勘違いだったら…と不安に思う人は、同僚に聞くことで客観的な視点から判断することができます。

    場合によっては告白を協力してもらえる可能性もあるため、信頼できる同僚に相談し、告白の手順を整えていきましょう。

    仕事のタイミングにも注目して


    告白するならば、仕事のタイミングもしっかり見極めていきましょう。

    いくら両想いだったとしても、仕事が忙しいタイミングや、トラブルの対応に追われているときなどに告白すれば「空気を読めていない」と思われてしまうことも。同じ職場ならば相手の忙しい時期とそうではない時期の見分けもつくはずです。相手の状況を加味した上で告白のタイミングを見極めましょう。

    デートで両想いな雰囲気を再確認してから告白!


    デートして、本当に自分たちは両想いなのかどうかを再確認した上で、告白をするのがベストです。

    そもそもデートに誘ってみて断られたら、両想いの雰囲気は勘違いだった可能性が高くなります。デートに誘うところから相手の気持ちを確かめてみれば、告白の成功率はさらにアップするでしょう。

    デートして、お互いの気持ちに自信が持てるようになったら、デート終盤に告白を考えてみるのがおすすめです。楽しく盛り上がり、ロマンチックな雰囲気になった瞬間こそが、いよいよ勝負のときだと考えていいでしょう。