両想いは雰囲気で気づく?両想いの男女に出ている「サイン」とは

  • 両想いの雰囲気からカップルへ進みたいなら

    両想いの雰囲気を感じ取ったら、そろそろカップルになりたいと考えるもの。しかし、両想いの雰囲気があるとはいえ、相手から明確に気持ちを伝えられない限り、なかなか自信を持つのが難しいのも事実でしょう。

    そこで解説していくのが、両想いの雰囲気からカップルになるまでの道のりについてです。

    どんなステップを踏めば両想いの雰囲気から実際のカップルまで関係を進展させられるのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    積極的に話しかけてみて


    好きな人と両想いの雰囲気があるかもと思ったら、積極的に話しかけてみましょう。本当に両想いなら、今よりもさらに積極的に話しかけることで、距離は縮まること間違いなし。相手からも積極的に話しかけてくれたり、何らかのアピールがある場合は、進展を望んでくれていると考えていいでしょう。

    また、話しかける際は笑顔を意識しましょう。笑顔は相手に良い印象を与えるため、距離を縮めるために必要不可欠です。

    積極的に話しかけ、笑顔で接し、もっと関係を近づけてしまいましょう。

    アウトドア?インドア?彼のタイプを分析


    アウトドア派なのかインドア派なのか、彼のタイプを分析していきましょう。あらかじめ分析しておくことで、どのようなアピールが効果的なのか、そして付き合ったらどんな付き合い方がベストなのか、予測することができます。

    アウトドア派ならば、野外デートに誘ってみたり、スポーティな一面をアピールしたりしてみましょう。同じアウトドア派ということがわかれば、相性が良いということであちらから積極的にアピールしてくる可能性も高くなります。

    インドア派も同様に、おうちデートや漫画喫茶デート、または趣味デートなどに誘うことで相性がいいと思われるはずです。

    アウトドア派とインドア派と好みが分かれてしまうと、いくら気があっても付き合うのは難しいかもと思われるおそれがあるため、予めリサーチして相性を確かめておきましょう。

    デートに誘ってみよう


    たとえ両想いの雰囲気ができていても、相手からより明確な好意のサインが送られてこなければ自信は持てないもの。お互いの気持ちに気づいていても、きっかけがないと交際に発展させるのは難しくなります。

    そこでおすすめしたいのが、デートに誘うということ。デートに誘うことで明確な好意を伝えることができるため、相手もあなたとの関係に自信を持てるようになります。デートは基本的に好意がある相手としかするものではないため、その時点でお互いに両想いの雰囲気を確信できるようになるはずです。

    デートに誘うことができたら、二人だけの時間を楽しんで、告白の流れを作っていきましょう。

    大胆な発言を増やしてみる


    大胆な発言を増やしてみるのも、両想いの雰囲気からカップルに関係を進展させるきっかけになります。

    「もし私と付き合ったらどうする?」「どんなところにデートに行ってみたい?」などと、交際を匂わせるような大胆な発言をどんどんしていきましょう。「もうこれ付き合ってもいいんじゃないか」と相手に思わせることができれば、自然と告白の流れも出来てくるはずです。

    相手の好意を確信できたら、ぜひ大胆な発言で一気に距離を縮めていきましょう。