両想いは雰囲気で気づく?両想いの男女に出ている「サイン」とは

  • 「両想いの雰囲気」その特徴とは?<続き>

    両想いの雰囲気の特徴には、まだまだ続きがあります。

    両想いの雰囲気を確実にキャッチするために、知っていて損はありません。早速続きを見ていきましょう。

    お互い思わせぶりな発言をしている


    お互いに思わせぶりな発言をしているならば、高い確率で両想いだと考えていいでしょう。

    基本的に思わせぶりな発言は、相手に良い印象を与えたい、気を引きたいというときに出ます。興味のない相手に思わせぶりな発言をすれば「弄ばれた」と相手から責められ、トラブルに発展するリスクもあります。そのため、基本的には好意を持っている相手だけに思わせぶりな発言をする人がほとんどです。

    頻繁にLINEや電話をしている


    頻繁にLINEや電話をしているならば、かなり距離が近い関係だと自信を持っていいでしょう。特に用事もないのにLINEや電話で盛り上がることが多いのなら、お互いにその時間を楽しい、心地良いと考えている可能性が高いと言えます。

    ほとんどの人は、よほど気になる相手じゃない限り、LINEや電話を頻繁にしません。たとえ共通の趣味や話題があったとしても、好意がない相手とはそこまで続かないのが事実。LINEや電話でやり取りすることが多い=好意がある可能性が高いと考えていいでしょう。

    周りとの接し方に差がある


    相手が周りとあなたとの接し方に差をつけているならば、好かれている可能性は高くなります。周りとの差をつけることで、遠回しにあなたを特別に想っていることを伝えたいと考えているのでしょう。

    たとえば会話の盛り上がり方について、周囲としゃべっているときと、あなたとしゃべっているときの違いに注目してみるのがおすすめです。好きな人との会話であれば、テンションが上がり、会話を盛り上げようと考える人がほとんどなので、「会話を盛り上げようとしている=好意がある」と考えていいでしょう。

    逆に自分から盛り上げようとする様子がない、盛り上がっていないという場合は、好意を抱いている可能性は低いと言えます。周りとの接し方と自分との接し方の差に注目して、両想いの雰囲気を探っていきましょう。

    笑顔や照れた表情でいることが多い


    あなたと接するとき、好きな人が笑顔や照れた表情でいることが多ければ、両想いの可能性が高いでしょう。

    好きな人を前にすると、ほとんどの人は笑顔や照れた表情になります。無意識のうちに気持ちが表情に出てしまうため、たとえ言葉で伝えなくても、嬉しそうな表情が多ければ、好かれている可能性は高くなります。

    特に、あなた以外と接するときに、笑顔や照れた表情でいるかどうかに注目してみると、相手の好意は明確にわかるようになります。あなただけにそんな表情を見せているならば、好意を抱かれていると考えていいでしょう。