両想いは雰囲気で気づく?両想いの男女に出ている「サイン」とは

  • 「両想いの雰囲気」その特徴とは?

    まず注目していきたいのが、「両想いの雰囲気」のときに見られる特徴です。

    両想いの雰囲気の場合、相手から好意のサインを受け取ることがあります。そのサインが多いほど、両想いの可能性は高くなり、関係に自信を持てるようになるでしょう。

    「両想いの雰囲気」にはどんな特徴があるのか、早速解説していきます。

    よく目を合わせている


    好意は視線に表れると聞いたことはありませんか?たとえ口に出さなくても、好意を持っている相手は自然と視線で追ってしまうもの。どんなに気をつけていても、視線は無意識に向くものであるため、そこから心理を読み取れば、好意に気づくことができるのです。

    もし片思い中の相手とよく目が合うならば、両想いの雰囲気だと受け取っていいでしょう。よく目が合うということは、相手はあなたに惹かれていて、無意識に視線があなたのほうに向いている証拠。そしてあなた自身も好意から無意識に相手に視線を送っている証拠になります。

    相手もそんな視線から伝わる好意には気づいているはず。目が合ったら微笑んでみたり、話しかけてみたりして、自分の印象をさらにアップさせましょう。

    よく近くにいる


    好きな人の近くにいたい、そう考えている人は決して少なくないでしょう。できるだけ近くにいてアピールチャンスを窺いたい、視界に入って自分に注目してもらいたい、そんな心理から好きな人の近くにいようとする人は少なくありません。

    そのため、もし好きな人が自分の近くに頻繁にいるようであれば、両想いの可能性は高くなります。たとえ言葉をかわさなくても不自然に近くにいることが多い場合、相手にはあなたのそばにいたいという気持ちがあると考えていいでしょう。

    同僚からからかわれる


    同じ職場の人と両想いの雰囲気がある場合、それを第三者から指摘されることも珍しくありません。特に同僚から「仲良しだね」「付き合っちゃえば?」などとからかわれることが多いのなら、周りから見てあなた達はカップルのように見えているということになります。

    両想いの雰囲気は、自分で察するのは難しいものの、第三者からの指摘で初めて相手の好意に気づかされたりします。たとえからかいあったり、冗談でじゃれ合っているだけだったとしても、第三者から見ればそれだけ仲良しに見えるということ。いずれ付き合いそうだなと、周りが噂話をしている可能性もあるでしょう。

    共感することが多い


    何かと共感することが多い、または共感されることが多ければ、両想いの雰囲気ができていると考えていいでしょう。

    好きな人と会話するとき、できるだけ相手に話を合わせたいと思う人は多いはず。相手から「気が合う」「共通点が多い」と思ってもらうことができれば、それだけ自分の印象がアップするに違いないからです。

    逆に、好きな人から共感を得られる機会が多ければ多いほど、相手はあなたに「気に入られようとしている」可能性が高くなります。共感し合うシーンが多いということは、お互い惹かれ合っている証拠です。こうなってくると、かなり距離が近い存在になっていると考えていいでしょう。