愛人体質の特徴アリ?愛人になりやすいタイプや不倫との違いも解説

  • 愛人体質な女性の特徴とは?

    割り切って愛人になる女性もいれば、なりたくないのになってしまう女性などシチュエーションは様々でしょう。しかし愛人になりやすい女性には、愛人体質と呼ばれる共通の特徴があるのです。ここではその愛人体質の中身を、いくつか紹介していきます。

    我慢強い


    愛人関係を継続していくには、時には我慢が必要なことも。恋人関係とは違い、愛人関係は大っぴらにすることが出来ないのがほとんどです。そのためなかなかデートの約束ができなかったり、不満があっても伝えられないことが多く、我慢せざるを得ない状況になってしまいます。

    このように、関係を継続するのに我慢は非常に重要です。ですから我慢強い女性は、愛人体質となる可能性を秘めていると考えられるでしょう。

    自分より相手を気遣う


    自分より相手を気遣うことができるのも、愛人体質の特徴です。実は不倫している女性の多くは、真面目で真剣に恋愛をしている場合が多いのです。不倫交際では、どうしても会える時間に制限があります。

    この会えない時間に、彼がどう過ごしているか気になってしまう。そしてデート中には「やっと会えたから」と、会えなかった分までもてなそうとしてしまう。そんな体質の女性は、不倫に向いていると言えるでしょう。既婚男性にとって居心地の良い環境を、自然と作っているようですよ。

    わがままを言わない


    わがままを言わない女性は、既婚男性の目線で見れば愛人に向いていると考えられます。基本的に、不倫をしている男性は引け目を感じていると思われます。家族に対して悪いことをしている引け目もあれば、彼女一筋になれないという引け目もあるでしょう。

    それでも、不倫相手である彼女がわがままを言わず癒してくれる存在だと感じられれば、付き合いを大切にしようと思うのだそうです。つまりわがままを言わないというのは、愛人に必要な体質のひとつと言えそうですね。

    尽くしたがり体質


    尽くす女性が愛人体質だということは、様々なメディアでも紹介されている通りです。なんでもしてあげたいという思いが強く、彼からどんな仕打ちをされようと受け止めてしまうのがこのタイプの女性の特徴です。そのため相手が自分との結婚を考えてくれなくても、彼に尽くすだけで満足してしまうのだとか。

    普段家庭や会社で苦い思いをしている男性には、尽くしたがりの女性は非常に重宝されるでしょう。尽くしたがりの女性の体質は、ダメンズウォーカーにも繋がると言われています。身に覚えがある女性は注意しましょう。