愛人体質の特徴アリ?愛人になりやすいタイプや不倫との違いも解説

  • 「愛人」の意味とは?不倫・浮気との違いは?

    「愛人」とはもともと恋愛の相手、人を愛することを示す言葉です。しかし時代の移り変わりと共に、不倫相手や、深い性愛で繋がった相手という意味で使われることが一般的となりました。つまり使い方、捉え方によって「愛人」という言葉の意味は変化すると言えるでしょう。

    結婚してないが金銭の補助はある「愛人」


    結婚していない、または結婚する気がない女性に男性がお金を支払う場合、女性のことを「愛人」と呼ぶことは多いようです。たまにプレゼントをしたり、お小遣いをあげる程度ではありません。生活費や家賃などを支払うことが多く、生活の面倒を見るようなケースもあるのだとか。

    そのためお金のために愛人になる、いわゆる「愛人業」で生活する女性も少なからず存在します。お金は愛人の付き合いに密接に関係しているという証拠でしょう。

    「不倫」関係にある場合も


    不倫とは、結婚している異性と交際することです。近年ではこの不倫相手のことを愛人と呼ぶのがスタンダードになってきていますね。カップルの状況にもよりますが、不倫カップルの間には金銭のやりとりがない場合も多いようです。

    不倫と浮気は、どちらも既婚者との交際や肉体関係を持つことを意味します。浮気は1〜2回のような単発であることが多く、浮気相手を愛人と呼ぶことは少ないでしょう。不倫は基本的に、既婚者が相手ということ以外は普通の交際と変わりません。

    そのため既婚者と真剣交際している女性も、一般的には愛人と呼ばれることになるでしょう。

    恋愛と結婚の区別をはっきりつけている


    恋愛と結婚の区別をはっきりつけている女性が、割り切って男性と付き合うことを愛人関係とすることもあります。この場合、女性は恋愛相手にはときめきや相性を求め、結婚相手には安定を求める傾向があるようです。愛人として付き合っている男性が、結婚しているかは問題ではなく、楽しいと感じるかどうかが重要視されるでしょう。

    まれに相手の「配偶者」公認の場合も


    既婚者と交際している愛人は、まれに相手の奥様公認であることもあります。夫が不倫しているからと言って家庭そのものを壊したくないと考える女性は多く、家族の安定を保つためにも夫が愛人を囲うことを許すケースがあるのです。不倫相手の女性も、相手が既婚者であることに問題がなければ愛人関係が成立します。

    愛人という字は、愛する人と書きます。条件やシチュエーションに左右されず人を愛するという意味では、配偶者の有無は関係ないと考えることもできるでしょう。