美人とブスの格差がしんどい!男性の本音と雰囲気美人になる方法

美人とブスの格差を感じたことはありますか?それはどんな理由からなのでしょうか。今回の記事では、男性の意見も踏まえ、なぜ女性の立場からそう感じてしまうのか徹底考察してみました。雰囲気美人になって格差に勝つ方法や、損だけじゃないブスのメリットなどもご紹介しています

  • 美人は得でブスは損…格差を感じる瞬間とは?

    日常の生活の中で、”美人とブスの格差”について考える女性は、とても多いことでしょう。そもそもなぜ美人は得で、ブスは損という考えになってしまうのか。それは第三者、特に男性から受ける対応の違いからくるものと思われます。

    自分の顔を鏡でのぞき込んだ時、「まぁまぁイケてるわね。」とか、「もうちょっと美人だったら…。」など、自己評価はそれぞれです。自分で自分の容姿を評価するのは、”自分のこと”なので当たり前です。けれどその評価を第三者にジャッジされ、格差を感じてしまうのは、いささか納得のいかないこと。

    しかしながら、この世には男と女しかいません。女性が男性から”美人とブス”の格差を感じるのは避けられないことなのかもしれません。
  • 美人に対する男性の本音とは?

    ”美人とブスの格差”を深く知るために、まずは男性から”美人に対する本音”をお聞きしてみました。女性の皆さんの受け取り方はさまざまかと思われますが、これが男性の隠せない本音です。順に覗き見ていきましょう。

    見ているだけで目の保養


    「美人は、見ているだけで目の保養になるよね。話せなくたって構わないから見ていたい…そう思ってしまう。美人な女性は何をしていても絵になるし、邪魔にならない!自分でもなんで見ていたいのか分からないけど、「もしも彼女になったら」なんてこと妄想してるのかも?」(27歳・男性)

    美人は眺めているだけで目の保養になるという意見です。この男性はなぜそう思うのか分からないと言いますが、”色々な妄想を膨らませている”のは、あながち間違いではないでしょう。

    付き合いたい!


    「美人な女性とはぜひ付き合いたい!男なら皆そう思うんじゃない?だって美人な彼女だったら、連れて歩いても鼻が高いでしょ。友達なんかにも、自慢したいですよね。格差って言われちゃうと思うけど、ブスな女性だったらとてもじゃないけど友達に紹介しづらいかな…。」(20歳・男性)

    美人な女性だったら鼻が高いと思うのでしょう。「ブスな女性は友達に紹介しづらい」と、ここですでに”格差”がありますね。

    なんでも許しちゃう


    「接する女性とか彼女なんかがもし美人だったら、俺なんでも許しちゃうな。多少のワガママ言われたって、顔が綺麗なんだから怒れないでしょ。何があってもデレデレしちゃいますよ。職場でも、美人なあの子にはどうしても甘くなっちゃいますね。他の女性には申し訳ないけど…。」(30歳・男性)

    ここでも格差がありますね。美人な女性には、なんでも許せるという男性です。職場でも、美人な女性には甘く接してしまうそうです。

    「してあげたい」と思う


    「僕は美人な女性には、ついなんかしてあげたくなっちゃうんですよ。過剰に親切にしたり、物をあげたりなんかして。だから傍から見ても、僕の対応で美人とブスの格差は感じると思います。女性にはヒドイと思われるかもしれないけど、美人に親切にしちゃうのは、男の性ですよ。」(26歳・男性)

    この男性は傍から見ても、”美人だから”してあげてるのが分かりやすいとのことです。自分で自覚があるほどですから、対応の格差はどうしても隠せないのでしょうね。