好きを伝える上手な方法とは?言葉や行動、タイミングなどまとめ

あなたは好きな人に、きちんと「好き」を伝えられていますか?「好き」を相手に伝えることには、たくさんのメリットがあります。その思いを伝えて、相手との距離をもっと縮めてみてはいかがでしょうか。今回はそんな「好き」を伝えるメリットや様々な伝え方をご紹介していきます!

  • 「好き」を伝えるってどうすればいいの?

    まだ付き合ってもいない相手に、好きを伝えるのって難しいですよね。相手も同じ気持ちかどうか分からないからこそ、伝えることに怖さもあるはずです。あまり好きと言い合わなくなったカップルも、少なからずこうした思いを持っているかもしれませんね。

    そこで今回は、相手に「好きを伝える方法」についてご紹介していきます。気持ちを伝えるためにはどんな伝え方がベストかを知り、徐々に好きな人との距離を縮めていきましょう。
  • 「好き」を伝えるメリットって?

    相手がどう思ってくれているのか分からないのに、好きを伝える必要があるのか?と、疑問を持つ人もいるでしょう。しかし、伝えることにメリットがあることを知れば、伝えることの意味を理解できるはずです。

    まずは好きを伝える、メリットから見ていきましょう。

    気になる相手の興味を引く


    気になる相手から異性として意識されていない場合、好きと伝えることで、興味を引くことができるというメリットがあります。

    好きな思いを相手に伝えたら、相手は「自分を異性として意識してる」と感じますよね。その結果、逆に相手も自分を異性として意識し始めることが多いのです。相手が自分のことをまだ好きじゃないにしても、好きと伝えることで興味を引く、というプラスな展開に繋がるでしょう。

    彼からの告白の背中を押せるかも


    もしも、彼の中にもあなたに対して「好き」がある場合、彼からの告白を期待することもできます。あなたが好きだと伝えることで、彼は自信が持てるからです。

    男性の中には付き合えるという確信が持てない限り、告白できないという人もいます。そうした男性に、あなたが好きを伝えることはメリットですよね。「告白してもいいよ」「同じように思ってるよ」と伝えることで、あなたに告白する勇気を持つかもしれません。気持ちをアピールすることが、結果的に彼からの告白の背中を押せるかもしれないのです。

    自分の気持ちに確信を持てる


    「これって本当に好きなのかな…」「気持ち変わったりしないかな…」と、自分の気持ちに不安になることはないですか?そんな人は、好きを言葉で伝えることで、自分の気持ちに確信を持てるというメリットもあります。

    分かりやすく言うと、ある意味“宣言”のようなもの。言葉にして伝えることによって、「前向きに頑張ろう」という思いを持てるのです。いつ、どこで消えるか分からないその気持ちを、あえて口にすることで、その恋を無駄にすることなく努力しようと思えるでしょう。

    付き合っているなら愛情が深まる効果も


    既に付き合っている相手に対して好きを伝えることにも、メリットがあります。思いを伝えると相手は愛情を感じられるため、その気持ちに応えようと、相手の愛情も深まることがあるのです。

    彼氏彼女という関係は、そこに好きがあることが大前提としてあるため、わざわざ言葉にしなくなる人も多いですよね。しかし、気持ちが伝わってこないと、相手は不安に感じ、また逆に伝えにくくなるでしょう。付き合っている間柄でも、愛情を深めるために好きを伝えるべきなのです。

    脈アリか脈ナシかを判断できる


    相手に好きを伝えることで、相手が自分に気があるのかといった「脈アリ・脈ナシ」を判断することもできます。思いを伝えた時、相手がどう反応するのかを見たり、行動に変化がないかを見ることで、効率の良い恋愛をすることができるのも、メリットと捉えることができるでしょう。

    「無駄な恋愛はしたくない」「振り向いてくれる可能性がないなら次の恋がしたい」と、恋愛に効率を求めている人は、好きと伝えた方が展開が早くなります。