精神的に辛い…限界を感じる瞬間としんどい時の対処法!【保存版】

悩みや不安を抱えながら毎日を過ごしていると、次第にその思いが大きくなり「精神的に辛い…」と追い込まれることがあります。一日一日が辛く感じる時、あなたは知らず知らずのうちに限界を迎えている可能性が…。そんな時、どう上手く対処し乗り越えれば良いのかをご紹介します。

  • 精神的に辛い…限界を感じたらどうすればいい?

    あなたは、仕事やプライベートで悩みを抱えた時、どう対処していますか?自分の中にその気持ちをため込み、精神的に「辛い…」と限界を感じている人もいるのではないでしょうか。

    精神的に限界…とまでなると、毎日が辛く感じ、人と会うことや外出することも困難になることがあります。そんな辛い毎日から早く抜け出したいものですよね。

    今回は、精神的に辛い…と、限界を感じ始めてきているあなたに、上手な対処法をご紹介します。何に限界を感じているのか、今一度自分と向き合い、今の状況から抜け出していきましょう!
  • 精神的に辛いと感じる瞬間と理由

    「精神的に辛い…」と感じている、根本的な理由や原因を把握していますか?中には、色々な事が積み重なって、しんどいと感じている人もいます。

    あなたが「辛い…」と感じる瞬間や理由を明確にし、どう対処していけば良いかを見ていきましょう。

    頑張っても認めてもらえない


    自分の中で頑張っているつもりでも、周りがそれを認めてくれないと「辛い…」と感じますよね。自分の努力が水の泡になったような気分になるでしょう。

    大人になると、「出来て当たり前」なことが増えてしまうことで、周りから褒めてもらうことが極端に減っていきます。仕事でもそうでしょう。初めのうちは新人という立場。しかし徐々に新人から卒業し、仕事ができるようになってくると、周りはその頑張りを「当たり前」と見るようになっていきます。

    頑張っても頑張っても、認められたり褒められることがないと、精神的に辛いと感じてしまうのでしょう。

    悩みや不安を話せる人がいない


    自分が辛い時、相談にのってもらったり、愚痴や不安を話せる相手はいますか?親しい人や信頼できる人が身近におらず、ネガティブな感情を自分の中にため込み、吐き出せないでいることはないでしょうか。

    悩みや不安を話せる人がいないというのも、精神的に辛いと感じる理由の一つです。一人でも身近に吐き出す存在がいてくれると、辛さを減らすことができます。それができないことで、自分自身を追い込んでいる状況もあるでしょう。

    プライドが邪魔をしている


    中には、「弱みを見せたくない」「弱音を吐きたくない」と、自身のプライドから、周りの人に助けを求めない人もいるでしょう。

    カッコよくいたいと思う人もいれば、見下されそうで嫌という人もいます。辛い…と限界を感じているのにも関わらず、プライドが邪魔をしてなかなか周りに吐き出せないでしまう人なのでしょう。このような理由が見られる人には、他人に「どう見られるか」を気にしてしまう人が多い傾向にあります。

    見えない先のことが不安


    見えない先のこと、将来のことが不安という人もいるでしょう。“今”は、向き合っている問題やすべきことが見えていますが、5年後10年後の先のことは、誰にも分からないことですよね。そんな未知の将来に不安を抱え、答えが出ないことから、精神的に辛いと感じる人もいるのです。

    「これをやってていいのか」「今後どうなるか分からない」といった、漠然とした不安が常にある状態。かといって、それに対してどのように行動し考えれば良いのかも分からず、毎日不安の日々になってしまうのでしょう。もしかしたら、それは“今”に不満や不安があるから、なのかもしれません。

    一番心を許していた人からの裏切り


    「この人になら何でも話せる」という存在がいる人も多いでしょう。それは家族かもしれませんし、恋人かもしれません。そんな、一番心を許していた人からの突然の裏切りは、精神的に辛いものです。

    嘘をつかれた、秘密をばらされた、浮気されたなど、その人にとっての裏切り行為は様々です。しかし、「この人は大丈夫」と絶対的な信用をおいていた人に裏切られることは、相当なダメージですよね。前触れもなく、危機感を持てないまま裏切られた場合、どん底に落とされたような辛さを経験するでしょう。

    自分を誰かと比べたとき


    自分と、自分よりも優れている人を比べ続けることでも、辛い…となってしまうことがあります。

    例えば、仕事のできる同僚がいる場合、自分の評価とその同僚の評価とで差が出るでしょう。そして自分の不甲斐なさや、要領の悪さといった欠点ばかりが目に付くようになり、「自分なんか…」と辛い気持ちになるはずです。それにより、「この仕事を続けていくべきか」と悩んだり、「求められてない」と落ち込んだりすることもあるでしょう。