彼氏の誕生日に手紙を渡そう!喜ばれるメッセージを例文付きで解説

もうすぐ彼氏の誕生日という女性は、何をプレゼントしようかと頭を悩ませているのではないでしょうか。今回の彼氏の誕生日、手紙を渡してみませんか?日頃言えない思いを伝えることができる手紙は、彼氏にとっても嬉しいはずです。喜ばれる手紙の書き方やコツを解説していきます。

  • 彼氏の誕生日に手紙はアリ?ナシ?

    あなたは、彼氏の誕生日に何をプレゼントしようとしていますか?彼氏の欲しいと言っている“物”でしょうか。もちろん彼氏が欲しがっている物を送るのも素敵なことですが、ぜひ今回は近々やってくるその彼氏の誕生日に、手紙を渡してみませんか?

    彼氏の誕生日に、手紙はアリかナシかで言ったら、アリです。普段、思いを文字で伝える時、メールやLINEが主流ですよね。彼氏の誕生日という「特別な日」だからこそ、いつもと違った“手紙”という方法で、思いを伝えてみましょう。

    彼氏の誕生日に手紙は重い?


    「彼氏の誕生日に手紙だなんて…」と感じる女性の中には、重いイメージを持っている人もいるでしょう。手紙は、一文字一文字が手書きですから、メールやLINEと違って、思いが込められやすいです。そのため、ちょっと重く感じてしまう人もいるかもしれません。

    しかし、今回は“彼氏の誕生日”です。その重さが「愛情」だったり「記念」に変わります。普段、なかなか書くことのない手紙だからこそ、相手も“特別”を実感するのです。

    手紙を渡すことは、決して重い行動ではありません。特別な人の特別な日ですから、特別なやり方で思いを伝えてみましょう。

    手作りメッセージカードも素敵


    誕生日であっても、手紙は少し抵抗がある…という場合は、短文でも作れるメッセージカードを渡すのも良いでしょう。また、特別感を出すために、手作りのメッセージカードも素敵ですね。

    思いを文字で伝えるのが苦手、あるいは手紙という手段に気が引けるという場合は、メッセージカード自体を手作りにして、記念に残るものにしても良いでしょう。「自分のために作ってくれた」「時間をかけてくれた」と彼氏にも伝わるため、この方法もオススメです。

    彼氏の前で読むのもOK


    誕生日の手紙を、そのまま彼氏に渡して後から読んでもらうのも良いですが、直接彼氏の目の前で読むのも良いでしょう。

    例えば、2人で彼氏の誕生日を祝っているとします。デートや食事で彼氏の誕生日を祝った後、最後の締めに手紙を読むこともサプライズです。彼氏が「良い誕生日だったな」と一日を振り返っている最後に、大好きなあなたから手紙のサプライズがあったら、感動的な締めになるでしょう。

    少し照れくさい方法かもしれませんが、普段言えないことを手紙に書き、それを自分の口で伝えることは、彼氏にとって最高のプレゼントになるはずです。

    形に残る手紙だからこそ誕生日にふさわしい


    メールやLINEで誕生日をお祝いすることもアリですが、誕生日という特別な日だからこそ、手紙にしてみましょう。手紙は形に残り、思い出として振り返ることもでき、またその時の状況まで思い出させてくれるものです。

    喧嘩をした時、別れそうになった時、彼氏はあなたからのその手紙を振り返ってみたらどう感じるでしょうか。「こんな素敵な日あったな」「本当はこう思ってくれてるんだよな」と、その手紙が気付かせてくれるかもしれませんよね。形に残る手紙は、誕生日というその日だけじゃなく、未来でも役割を果たしてくれることがあるのです。