「育ちがいい人」の意味はコレ!男女別の特徴とNG行動も徹底解説!

育ちがいい人、あなたの周りにもいませんか?なんとなく品があって一緒にいて落ち着くし、頭も良さそう…。育ちがいいと言われる人は、他の人と一体何が違うのでしょうか。この記事では、育ちがいい人の特徴や周りからの印象、育ちがいい人特有の魅力を身につける方法をお伝えします。

  • そもそも「育ちがいい」とは?

    「あの人、育ちがよさそうだよね」などと言うときに使われる「育ちがいい」という言葉。誉め言葉として使われることがほとんどですが、そもそも「育ちがいい」とはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか。

    まず、「育ちがいい」という言葉の意味や、育ちがいい人とはどのような人を指すのかということについてご説明します。

    「育ちがいい」の意味


    育ちがいいというのは、言葉の通り「きちんと育てられた」という意味です。もっと具体的に言うと、「幼少期から、言葉遣いやマナー、教養などが身につくよう育てられている」「人として社会に出たときに困らないよう教育されている」ということになります。

    単に厳しくしつけられ教え込まれたというのではなく、温かい家庭の中で教育される中で自然と身についた、というのが大きな特徴です。

    そのため、育ちがいい人は礼儀正しいというだけでなく、情緒も安定しており人間性が優れている人が多いと言えるでしょう。

    育ちがいい人はモテる?


    教養が豊かなだけでなく情緒も安定しているため、育ちがいい人は周りに対しても人当たりよく接することができます。誰とでも分け隔てなく関わる優しさがありますので、当然多くの人から好意を持たれるでしょう。

    さらに育ちのよさが外見にまで表れるため、人に与える第一印象も非常によく、嫌でもモテてしまうのです。

    お金持ち=育ちがいい、は間違い?


    よく、育ちがいい人の家庭は裕福であると捉えられることがあります。確かに、経済的に余裕がある方が、子どもに教養を身につけさせたり高級レストランでマナーを教えたりする機会にも恵まれるでしょう。

    ですが、必ずしもお金持ちでなければ育ちがいい人にならないというわけではありません。ごく一般的な家庭でも、育ちがいい人はたくさんいるのです。

    家庭環境が大きく影響している


    経済的な面もまったく関係ないというわけではありませんが、それよりも重要なのは、温かく健全な家庭で育てられるということです。

    親がお金持ちでも子どもを放ったらかしにしたり逆に過干渉だったりすれば、子どもはまっすぐに育つことはできません。

    温かいまなざしで子どもの求める愛情を無条件に注ぎ、その中で必要なしつけを行う親の元で育てば、自然と育ちがいい人になります。