好きにさせる方法を徹底解説!【男女別】絶対惚れさせる方法とは?

好きな人を好きにさせる方法があるならばぜひとも試したい、そう思う人がほとんどでしょう。そこで今回は好きな人を好きにさせる方法を徹底解説していきます。男女共通のものから男女別の解説、さらに失敗に繋がる思わぬ落とし穴も紹介していきます!

  • 男女共通!好きにさせる方法《心理編》

    好きな人を好きにさせる方法はいくつもあるってご存知でしたか?さまざまな方法を試していけば、好きな人を振り向かせ、両想いになれることも夢ではありません。

    そこでまずは、好きにさせる方法の中でも心理的に相手を振り向かせられるような方法を解説していきます。

    初頭効果


    初頭効果とは最初に挙げられた印象で、その物や人への印象が決まるというものです。

    たとえば「優しい、知的、頑固、女々しい」という人がいれば、優しく知的な印象という印象のほうが強く残るでしょう。しかし「女々しい、頑固、知的、優しい」という印象を挙げられると、前者と同じ要素であるにもかかわらず、女々しい、頑固という一面が目立ってしまいます。

    初頭効果は同じ要素であるにもかかわらず、最初にポジティブな要素を置くか、ネガティブな要素を置くかで物や人への印象が大きく変わるという心理なのです。そのため好きな人に何かをアピールする際には、まずはポジティブなものを、次にネガティブなものを加えるようにして、良い印象を中心に与えていくようにしましょう。

    ミラーリング効果


    相手と同じ仕草や行動を取ることで相性の良さをアピールできるミラーリング効果も、好きな人を好きにさせる方法としておすすめです。

    会話をしているときや何かを一緒にやっているときなど、できるだけ好きな人の動きに合わせてみるようにしてください。偶然を装って好きな人と同じ動きをすることで、好きな人は「波長が合うのかも、相性がいいのかも」と無意識に感じるようになっていきます。

    常に笑顔でいる


    常に笑顔でいる人に対し、ほとんどの人は好印象を持ちます。接しやすい、親近感を持てる、一緒にいて楽しい…そういったポジティブな印象を持ちやすいため、好きな人を振り向かせるためには常に笑顔を意識していくと良いでしょう。

    聞き上手になる


    聞き上手になることも、好きにさせる効果的な方法です。特に相手がおしゃべり好きの場合、しっかりと相手の話を聞いてあげることで、相手は心理的に「自分のことをわかってくれる」という印象を持つようになります。

    ほとんどの人は自分を理解してくれる相手に好意を抱くものです。また、大半の人は理解してくれる相手と付き合いたいと考えているため、相手を好きにさせるためには、いかにして自分が相手のり会社であるかアピールする必要があると言えます。

    肉体的距離を近づける方法が効果的


    何をするにもそばにいる人がいると、自分の中で次第に当たり前の存在となっていき、親近感を持ちやすくなります。つまり、人は肉体的な距離が近い相手に好感をいだきやすくなるのです。

    そんな心理を利用して、できるだけ好きな人のそばにはいるように心がけていきましょう。視界に入るように意識をするだけでも効果的です。好きな人の日常に自分が当たり前に存在する、そんなイメージを持って距離を縮めていけば、好きな人から良い印象を持たれやすくなるでしょう。

    好意の返報性


    好意の返報性という心理テクニックがあります。これは、好意を伝えられると自分も同じように返したいという気持ちになる心理です。

    たとえば、なにかプレゼントをもらったら、自分もお返ししたいと思う人がほとんどでしょう。人からの厚意を返したい、これが好意の返報性の心理です。

    そのため、好きな人を好きにさせるためにはある程度好意を匂わせる方法が効果的だと言えます。適度に好きな人に好意を伝えていけば、相手も少しずつあなたに対して好意を返したいと思うようになり、次第に距離は縮まってくるでしょう。
  • 男女共通!好きにさせる方法《会話編》

    続いて注目していくのが、会話で使える相手を好きにさせる方法です。

    どんな方法が好きにさせるには効果的なのか、早速チェックしていきましょう。

    共感して相性が良いことをアピールする


    ほとんどの人は共感してくれる相手に好感を持つでしょう。価値観や感性が合う、そう思うと相性の良さを感じ、一緒にいて居心地が良いと思うようになっていきます。

    好きにさせる方法で試していきたいのが、そんな共感を増やしていくという方法です。好きな人と話をしているとき、できるだけ共感するように心がけていけば、自然と相手はあなたに対して相性が良い相手として認識するようになります。

    目を見て会話をする


    目を見て会話をするのも好きにさせる方法の中で、特に抑えておきたいポイントだと言えます。

    たとえば会話をしていて目をそらして会話をしてくる相手と、目を合わせて会話をしてくる相手がいたならば、ほとんどの人は後者に好感を持つでしょう。

    目を合わせて会話をすることは、相手に対し「あなたの話に興味がある」という意思表示に繋がります。真剣に向き合ってくれる存在に対して好感を持つ人は多いため、会話をする際には必ず目を合わせることを意識していきましょう。

    相手を具体的に褒める方法で振り向かせよう


    相手を具体的に褒める方法も相手を好きにさせる方法の中で効果的です。特に具体的に褒めるというところがポイントで、お世辞だと思われないような内容を意識して褒めていきましょう。

    たとえば「優しいね」という褒め言葉を言われたとしても、ありきたりすぎてお世辞だと感じる人は少なくないはずです。しかし「○○なところが優しい」と褒めれば、具体的な内容になっているため素直に褒め言葉を受け止められる人は多いでしょう。

    また具体的に褒めることで、相手は「自分のことをよく見てくれている」と感じます。自分を理解してくれる存在に対して居心地の良さを感じる人は多いため、具体的に褒める方法は好きにさせる方法の中でもイチオシな方法だと言えるでしょう。

    思わせぶりな発言をする


    好きになってもらいたいのであれば、思わせぶりな発言をして相手を夢中にさせていきましょう。好きにさせる方法の中でもやや積極性や勇気が必要になりますが、上手く行けば一気に相手を好きにさせることができます。

    たとえば「○○と一緒にいると楽しい」「私のことをよくわかってくれている」など、相手を信頼して特別視しているような発言をすれば、相手は少なからずあなたに意識を向けるようになるでしょう。

    思わせぶりな発言をする方法の成功ポイントは「もしかして好かれているかも?」と相手に思わせること。相手の気持ちを翻弄し、自分に意識を向けることで、好きにさせる確率が高くなっていくのです。