理解力がない人って思われたくない!特徴&効果的な訓練方法とは?

  • 理解力がない人に上手に伝えるコツは?

    理解力がない人に、こちらの意図を伝えることは、思っている以上に気を使います。そもそも言いたい事がそのまま伝わらないので、手間が増えていくでしょう。だからと言って、理解力がない人を避け続けるわけにもいきませんよね。

    理解力がない人には、どのように伝えれば上手く伝わるのでしょうか?上手な伝え方のコツをご紹介していきます。

    簡潔に短く要点だけを伝える


    理解力がない人は、長すぎる話が苦手です。話の途中で集中力が切れたり、他のことを考え始めると、もう話なんか聞いていないでしょう。話のピリオドまでしっかり頭に入れさせるために、簡潔に短く伝えることを心がけましょう。

    分かりやすく伝えるために、こと細かに指示する人もいますが、理解力がない人には逆効果。要点だけがきっちり伝わるように、最初に話をまとめておくようにしましょう。長い行程を要するものは、一つの仕事終えてから次を頼む、などと分割するといいかもしれません。

    話の流れをイメージしやすい会話をする


    説明する側が話の流れを理解していても、それがそのまま伝わるとは限りません。誰が聞いてもイメージしやすい会話を心がけることで、すんなり理解してもらえる場合もあります。抽象的な話を延々とするよりも、シンプルで具体的な話をする方が、聞き手はイメージしやすいものです。

    子供相手に話をする時には、なるべくわかりやすいように、子供が納得しやすいようにと意識するでしょう。その感覚と似ていると思ってください。あまり抽象的な話が多いと、自分勝手な解釈をされてしまいます。

    「理解力がない人」と思い込まない


    「この人、理解力ないんだよな」と思っても、それを頭に置いたまま話さないことも大切です。「理解力がない人」と思い込んだまま話をしてしまうと、結局何を言っても無駄だという極論になりかねません。

    また、そう思い込んでしまうと「この人に理解できるわけがない」という気持ちが強くなるため、説明をする気にすらならないなんてことも。そうなれば上手に伝えられるかどうかどころの話ではなくなりますよね。理解力がないと感じても、その人の特性をよく観察して、理解してもらえるような話し方を見つけていきましょう。

    話の内容を数で割り振る


    話を分割して伝える方法もあると前述しましたが、数で割り振ると更にわかりやすいでしょう。まどろっこしいと感じたら、リストを作ってみるのもいいですね。イメージとしては、料理のレシピのようなものです。

    話の内容を数で割り振ると、話をする側も整理しながら話すことが出来ます。そして、もし相手がミスをしたりつまずいたとしても、どこで引っかかったのかがすぐに分かります。どこでミスをしたのかわかれば、すぐに対処も出来るので、お互いにメリットのある伝え方と言えるでしょう。

どんなにやる気があっても、理解力がないとなかなか成果は出せませんし、周囲の人にもなかなか熱意が伝わらないでしょう。もしも周囲とすれ違いが続いて、「私って理解力がないのかな」と思ったら、理解力を含め自分を高めていくチャンスです!

理解力が追いつかないだけで、周囲との差が生まれ、足並みが揃わないことで嫌がられたりもします。そこで気に病んだり投げ出したりするよりも、どんどんチャレンジしていくことが大切です。自分を過信するのではなく、人の話をよく聞きましょう。分からないことはどんどん聞いて、コミュニケーションを図っていきましょう。

そうすれば、理解力を少しずつ高めることが出来ますし、理解力だけではなくコミュニケーション能力の向上にも繋がっていきますよ!
Photo:All images by iStock