理解力がない人って思われたくない!特徴&効果的な訓練方法とは?

  • 理解力がない人の特徴って?《その1》

    理解力がない人には特徴があります。人と話している時には、その特徴がよく見えることがあるので注目してみましょう。また、自分にそういった特徴が当てはまっていないかどうかも見直してみてください。

    指示された内容通りに行動できない


    何をするにしても、受けた指示を勝手にアレンジしてしまうのは、理解力がない人の特徴です。受けた指示の内容をそのまま実行すればいいだけなのに、理解していない人は自分の勝手な解釈を挟んでしまうのです。

    こういった特徴を持つ人には、「よかれと思って」という気持ちが存在します。本人には悪気がなくても、周囲には迷惑をかけてしまうことになるので、注意すべきところ。指示を受けたら、内容そのものをしっかり自分の中にインプットして、実行するようにしましょう。

    応用ができない


    理解力がない人は、応用も苦手です。基礎がしっかりしていれば、どんな状況にも臨機応変に対応できるはずですが、これが出来ないということは、状況を見極める判断力が足りないということです。

    これまで経験したことがないことでも、応用する力があれば柔軟に対応することが出来ますよね。応用力がない人は、「これはこれ、それはそれ」という考え方なので、また一から対応しようとします。これでは何ごとにおいても非常に要領が悪くなってしまうでしょう。

    何度も同じミスを繰り返す


    何度も同じミスをして、「本当に話を聞いていたの?」と思われてしまうのが、理解力がない人の特徴です。言葉は耳に入っていても、それをしっかり自分の中で処理していないので、ミスをしがちになってしまいます。また、自分なりの勝手な解釈をしてしまうことも、ミスを作る原因でしょう。

    記憶力がそれほどよくない場合は、一度言われたことも簡単に忘れたりします。一気に用事を言いつけられる時にも、一つ言われたら一つ忘れていくので、全てをこなすことが出来ないのです。言われたことの一部を忘れたまま、確認を取らずに自分の判断で進めてしまうので、ミスを繰り返してしまいます。

    「自分流」を貫く


    何をするにも「自分流」を貫く人っていますよね。自分の力量に自信があっても、自分を過信しているだけかもしれません。自分だけのことなら「自分流」を貫いてもいいでしょう。しかし、周囲の人が関わることであれば、やはり人が求めることにも応えられないといけません。

    自分なりに考えてやってみることは大切です。しかし、物事の本質を見極めるときには勝手な判断をしてはいけません。理解力がない人と思われてしまうのは、このように自分を過信して「自分流」を貫くことにも原因があるのです。
  • 理解力がない人の特徴って?《その2》

    前半で挙げた理解力がない人の特徴は、主に仕事の面で大きな影響を及ぼす特徴ばかりです。なかなか仕事で成果を出せない、怒られてばかりという人は、今一度、自分が当てはまっていないか確認してみてください。

    次にご紹介する特徴は、仕事に限ったことではなく、プライベートなどを含む、人とのコミュニケーションに影響を与えるものです。人との関わりの中ですれ違いが多いのであれば、自分の理解力のなさが原因かもしれません。

    人の話や助言を受け入れない


    かたくなに人の助言を受け入れない人っていますよね。理解力がない人は、相手の話を耳には入れるのですが、相手の意見を最初から当てにしません。話の出だしだけ聞きかじり、あとは自分の中で勝手な解釈と憶測をしてしまいます。

    たとえば友人に相談したときなども、相手のアドバイスを最初から受け入れないか、都合のいい部分だけを聞き入れて、自分なりに答えを出してしまいます。こうした「分かったつもり」の姿勢は、後々大きないざこざを引き起こしかねないので、注意が必要です。

    会話や説明が苦手


    誰かと会話していて「この人は結局何が言いたいの?」と思うことはありませんか?説明が苦手なのも、理解力がない人の特徴です。あまり言葉を知らなかったり、話をうまく要約することが出来ないので、分かりやすい説明をすることが苦手になってしまいます。

    相手から質問されても自分の言いたいことをうまく伝えられず、お互いにすれ違いを感じてしまうでしょう。話す相手によって、使う言葉や会話の内容を変えることが出来ないので、コミュニケーションそのものがうまくいかなくなってしまいます。

    相手の意図を汲み取ろうとしない


    相手の言いたいことを正しく理解しないのは、相手の意図を汲み取ろうという気持ちがないためでもあるでしょう。理解力がない人は、自分が解釈したことが相手が言いたいことのすべてだと思い込んでしまいます。その為、本人は相手の真意を汲み取った気でいても、実は何も読み取れていない事も多々あるでしょう。

    自分は理解しているつもりでも、相手が理解されていないと感じるなら、自分に理解力がないということでしょう。人の話を聞く時には、自分の物差しで見ないで、相手が何を言いたいのかをしっかり見極める力をつけることが大切です。

    確認を取らずに分かったつもりになる


    理解力がない人の特徴で、分かったつもりになってしまうことが一番危険と言えます。自分の中では理解しているつもりなので、確認をとることもないでしょう。例えそこでミスをしたとしても、平気で人のせいにすることもあるのです。

    理解力を高めたいなら、分からないことをあやふやにしてはいけません。一旦分かったつもりになると、自分には落ち度はないと思って、何かあっても責任を感じなくなってしまう人もいます。分かっているつもりでも、少しでも不安があるなら確認する必要があるでしょう。