風俗に行く男…なぜ?その心理&彼氏の風俗通いをやめせる方法

「大好きな彼が風俗に行っていた」こんなショックなことはありませんよね。恋人がいるのにそれ以外の相手と関係を持つなんて、女性には理解しがたいもの。そこでこの記事では、風俗に行く男性の心理を踏まえて、それを止めさせる方法をご紹介します。

  • 男はなぜ風俗へ行くのか?

    世の中には、彼女がいるのに風俗店に行く男がわんさかいます。いったいこれはどういうことなのでしょうか。理解に苦しむ女性も多いでしょう。

    しかし、卑近な印象に反して、この問題を解決するにはさまざまなことを考慮せねばなりません。「そもそも風俗とは」「男性の風俗に対する意識・姿勢は」「果たしてこれは浮気なのか」などなど。ということで、よりより恋愛関係にためにもこれらの謎を紐解いていきましょう。

    風俗とは何をする場所?


    風俗、風俗というけれど、そもそもどんなことをする場所なのか具体的には知らないのではないでしょうか。「性行為をする場所でしょ!?」と怒り心頭で答えたあなたは要注意。もしかしたら心配しすぎの可能性もあります。

    というのも、風俗という言葉は必ずしも性行為を行う場所だけを指さないからです。下半身に一切触らない風俗店だってあります。「上半身だけでもアウトでしょ」と思ったら、確かにそれもごもっとも。しかし、具体的に知っていると「想像してたよりはマシかも…」と思えることもあります。まずは彼氏が行く風俗店の種類を知りましょう。

    「風俗」といっても種類はいろいろ


    彼女にとって一番嫌なのは、彼が射精を伴う風俗に行くことではないでしょうか。このタイプでは、ピンクサロンや店舗型ヘルス、ソープランドなどがあります。また、本番行為ができるかどうかはまた別。お店によってサービスは多種多様なので、彼氏が行く店の情報をよく調べる必要があります。

    一方、射精を伴わない風俗店は、セクシーキャバクラやおっぱいパブなど。男性にとってこれらは単なる「ちょっと濃厚な交流の場」でしかありません。仕事帰りに付き合いで行くようなケースも。これらだったら、「まだ許してもいいかな」と思えるかもしれませんね。

    彼女がいるのに風俗=浮気?


    これは極めて難しい問題です。「ほかの女性に恋愛感情を持ったら浮気」と定義するなら、風俗店に行くのは浮気になりません。しかし、ほかの女性と性的な行為をしているというのは看過できない事実ですよね。

    世間では、「風俗に行くのは浮気に該当する」という意見が多めのようです。しかも、これは女性に限らず男性も多くがそう思っています。ただし、肝心な彼氏がそれに該当するかどうかはまた別。

    もっとも建設的な考えは「無理だと思ったら別れる」ことです。そこまで大きく価値観が違う相手に無理して合わせても、その先もきっとどこかで辛い思いをするでしょう。
  • 男が風俗に行く理由

    「ほかの女としたいなんて、私じゃ不満なの!?」と不安に感じる女性も多いはず。ところが、風俗に行く男性の心理は結構複雑です。彼女にまったく不満がなくても、風俗に行くのがやめられないケースも。では、その理由を見ていきましょう。

    人に言えない性癖がある


    人の性癖は呆れるほど千差万別です。他人には全く理解できない性癖も世の中にはごまんと溢れています。そして、他人には理解できないからこそ、他人には打ち明けられないもの。その結果、男はそれを満たすために風俗に行くケースがあります。

    性癖を満たすのと、性欲や愛情を満たすのは別物。後者は彼女との関係で充分に満たせますが、前者は難しいものです。打ち明けるのが恥ずかしいうえ、打ち明けても実現困難なことがあります。

    ただ、風俗で満たせる程度の性癖であれば、彼女との性生活でも満たせる可能性大。ちょっとプレイ内容を変えてみるなど、二人で工夫すると彼は風俗に行くのを止めるかもしれません。

    いろんな女性とエッチしたい


    こちらはかなり「浮気寄り」の理由と言えるでしょう。男はもともと複数の女性と関係を持ちたいと考えています。理由は単純で、生物学的にそのほうが有利だからです。男は妊娠しないため、関係を持つ女性が多ければ多いほど子孫を残しやすくなります。相手が好きな人であるかどうかは基本的に関係ありません。

    風俗に行くと、この欲求を手軽に満たせます。本当は風俗ではなく個人的に性行為を行う相手、つまりセフレが欲しいと望んでいる男性も。そういう男性は、風俗はまだマシという認識を持っています。

    男同士の付き合いの流れで行く


    男が群れると確実に女性の話が出ると考えましょう。これは友人関係だけでなく、会社の飲み会などでも同じ。そこで、同僚や上司に風俗に行くのを誘われることになります。

    場合によっては、風俗に行ったことがないのを馬鹿にされたり、断ると「付き合いが悪い」と言われることも。その結果、不本意ながらしぶしぶ風俗についていくケースもあります。特に相手が上司では、きっぱり断るのは困難です。

    ところが、風俗に行くとそこで待っているのはプロ。そこでもたらされる快感に一度虜になると、逃れるのは難しくなります。

    行くのが習慣化している


    彼女ができる前から風俗に行く習慣ができている場合があります。その男性にとって風俗に行くのは生活の一部であるため、そう簡単にはやめられません。お酒やたばこをやめるのと同じくらい抵抗を感じるでしょう。彼にとっては彼女と過ごしてきた生活より風俗に通ってきた生活のほうが長いのです。

    中には、依存症と呼べるレベルまですっかり生活に定着していることも。ほんの少し時間が空いたり、お酒が入ったりすると、すぐに風俗のことを考えるようになります。

    彼女に不満がある


    おそらく、彼氏が風俗に言っていることを知って女性が初めに思うのはこの理由ではないでしょうか。「ほかの女に求める」ということは「自分では物足りない」と解釈しますよね。

    確かに、それが理由で男性が風俗に行くことはあります。ここ最近の二人の性生活はどうでしたか?あまり充実していないのであれば、彼はそれを満たすために風俗店に行くのかもしれません。

    このケースは、彼女の努力次第で解決する見込みが高いです。少なくとも、異常な性癖に対応したり習慣化しきった風俗通いを止めさせたりするよりは改善しやすいパターンといえます。

    気を遣わなくて楽


    風俗に行く男性の多くが主張する風俗の魅力は、気を遣わなくてよいことです。彼女が相手であれば、気持ちよくさせてあげたいなどいろいろ考えなくてはなりませんが、お金を払った風俗であれば必要ありません。純粋に自分の欲求を満たすことに集中できます。

    たとえ人には言えない性癖があっても、相手が風俗嬢であれば問題ありません。また、相手はプロなので、男性のほうが何もしなくても気持ちよくさせてくれます。