喧嘩別れして後悔してる?彼氏と復縁するための方法を徹底解説!

大好きな彼氏と喧嘩別れになったら、後悔や未練が残りやすいもの。感情的になって別れを決断したのち、「やっぱり復縁したい」と思う女性もいるでしょう。今回は、喧嘩別れを後悔しているあなたに、復縁する方法を伝授!復縁した後に気を付けるべきポイントも見ていきます。

  • 喧嘩別れの原因とは

    まずは、仲の良かった二人が、喧嘩別れとなってしまう原因から追究していきます。別れとまでなってしまった喧嘩のきっかけに、どのような原因が多いのでしょうか?

    浮気


    どちらか片方の浮気が発覚したことで、喧嘩別れになってしまうことはよくあるでしょう。相手の怪しい行動が増えたため、調べてみたら浮気をしていた…なんてことがあると、“不信感”から喧嘩に発展してしまいます。

    相手の「浮気していたこと」に対する怒りもあれば、「騙され続けていた」「嘘をつかれていた」ことにも怒りがこみ上げてくるものですよね。そのため浮気を知った途端、相手への怒りが瞬時に爆発。冷静な話し合いもできず、その後喧嘩別れという流れになってしまうことがあるでしょう。

    嫉妬や束縛がきつい


    好きな彼氏や彼女のことを、「自分だけのものにしたい」という欲求は誰もが少なからず持つでしょう。ただ、それが度を過ぎてしまうと、嫉妬や束縛がきついものになり、相手を苦しめてしまうこともあります。

    自由な行動ができない、何もかも疑われるという状況では、「そんなに信用がないのか?」と徐々に相手は不満を持つように…。その結果、「もういい加減にして」「付き合っていることがしんどい」と、喧嘩別れに繋がってしまうことがあるのです。

    ささいな喧嘩で


    ささいなことが原因で、喧嘩別れに至ってしまうケースもあるでしょう。初めは何かしらの意見の違いによる、ちょっとした言い合い程度だったかもしれません。しかし、徐々にエスカレートし、喧嘩が大きくなってしまうことがあるでしょう。

    例えば、日頃から相手に対し、愚痴や不満を溜め込んでいるカップルは、このようなケースから喧嘩別れに繋がってしまうことが多いです。ささいな喧嘩が発端となり、次から次へと違う問題が出てきてしまい、元々の話からズレてしまうこともあるでしょう。話が積み重なることで原因も解決できず、そのまま終わりを迎えてしまうこともあるのです。

    マンネリしていた


    二人の関係がマンネリ化し、相手に対しての「好き」が分からなくなっていることから、喧嘩別れに繋がってしまうケースもあります。

    喧嘩になったとしても、不満や怒り以上の「好き」がそこにあれば、別れを選択することはしないはずです。しかし、結果的に喧嘩別れになったということは、お互いに「失っても良い」という覚悟がどこかにあったと言えます。それはマンネリ化してしまっていたことが、根本的な原因と考えられるでしょう。

    価値観の違いから喧嘩別れ


    カップルとは言っても、お互いそれぞれの価値観があって当然です。「ここは譲れない」という考えを持っていることもあるでしょう。

    価値観の違いから、自分の意見と相手の意見が衝突し、お互いに譲らない状態になることも、喧嘩別れの原因として考えられます。どちらかが折れたり、受け入れることができれば良いのですが、それぞれが「ここは譲れない」と思うことで喧嘩となってしまえば、折り合いがつかなくなることもありますよね。

    このように価値観の違いによって、「この人とは一緒に居られない!」とまでなってしまうこともあるでしょう。
  • 喧嘩別れにつながる彼氏へのNG発言

    喧嘩別れになった原因と共に把握しておきたいのが、彼氏に対しての「NG発言」です。もしかしたら、あなたのNG発言がきっかけで、彼氏は「別れよう」と決めたかもしれません。

    喧嘩別れにつながってしまう、彼氏へのNG発言を見ていきましょう。

    彼氏のプライドを傷つける


    男性には女性以上にプライドがあるものです。そのプライドを傷つける言い方をすると、彼氏に別れを決断させてしまうことがあります。

    彼氏がコンプレックスに思っていること、気にしていることを、喧嘩の流れで言ってしまった記憶はないでしょうか?喧嘩別れになってしまったのは、その一言が彼氏の中で引っかかったからと考えられます。

    彼氏を見下した発言、傷をえぐるような発言は、喧嘩別れを助長させてしまうだけです。またその発言は、喧嘩別れした後も、ずっと彼氏の中に残ってしまい、悪い意味での思い出の言葉になってしまうでしょう。

    過去の喧嘩を蒸し返す


    喧嘩自体を解決しようとした際、「悪い方」を二人の間で決定しようとするでしょう。どちらに原因があり、どちらが謝るべきか、その喧嘩を通して見出そうとします。しかし「自分は絶対に謝りたくない」という思いがあると、例え自分に非があっても謝らないことが…。その時、過去の喧嘩を蒸し返す、という方法で責任転嫁する人もいるでしょう。

    過去の喧嘩を蒸し返された彼氏は、「その話はもう終わったことじゃないの?」と、嫌気をさしてしまうもの。次から次へと新たに出てくる問題に対処しきれず、「もういいよ…」と喧嘩別れを決断させてしまうこともあるのです。

    思ってもいないことを言う


    感情的になって喧嘩をしていると、思ってもいないことをつい言ってしまうことがあるでしょう。しかし、喧嘩中だからといって言ってしまっては、後から撤回できない発言もあります。「そこまで好きじゃない」「別れたっていい」「○○くんの方がいい」など、思ってもいないことを言うのは、喧嘩別れに繋がるNG発言。

    こうした言葉で彼氏の気を引いたり、しがみついてもらおうとする気持ちは分かりますが、「なら別れよう」と言われてしまっても仕方ない言葉でもあります。また、思ってもいないことを言うのは、あなた自身後から絶対に後悔するものになるでしょう。

    話を聞かず一方的に攻撃する


    ここぞとばかりに、普段の愚痴や不満を、喧嘩の時に吐き出す女性は意外と多いものです。そのため、相手に言い分や思いがあっても、“聞く耳を持たない”という状態となり、一方的に攻撃する形になってしまうこともあるでしょう。

    特に口下手な彼氏、口数の少ない彼氏に対して、一方的に発言することは、喧嘩別れに繋がってしまいます。一つ話したら相手の話にも耳を傾ける、意見を求める、という平等性が必要になるでしょう。