悲劇のヒロインって正直ウザい…不幸アピールする女性の特徴&対処法

「悲劇のヒロイン」と聞くと、どのような人を思い浮かべますか。映画やドラマで悲劇のヒロインを見ると思わず同情してしまいますが、実際に目の前にすると「かまってアピールがひどい」と敬遠してしまう人も多いはず。そこで今回は、悲劇のヒロインの特徴や心理、対処法について紹介します!

  • 悲劇のヒロイン気取りははっきり言ってウザい…!

    名作と呼ばれる映画やドラマ、マンガなどで必ずといってもいいほど登場するのが「悲劇のヒロイン」。話を盛りあげるために主人公の邪魔をするものの、最終的には不幸に襲われたまま終わってしまう損な役割で、多くの人から同情を集める役どころです。

    あまり魅力を感じない生き方に感じますが、なぜか悲劇のヒロインになりたがる女性もたくさんいるのです。

    そもそも「悲劇のヒロイン」の意味とは?


    「悲劇」とは、「人生で起こる不幸な出来事」という意味です。例えば、赤川次郎さんが発表した小説『悲劇のヒロイン』では、主人公の女性の父の会社が倒産し、母は自殺、弟は犯罪を犯すなど、次々と不幸が襲い掛かります。

    よく映画やドラマでも、作中で幸せになれない役割の女性がいますよね。他人の幸せのそばで決して報われない役割の悲劇のヒロインは、とても可哀相。しかし、可哀相だからこそインパクトのあるキャラクターであることが多く、人々の記憶に残りやすいのもまた事実です。

    あまりいい印象がない「悲劇のヒロイン」


    正直なところ、映画やドラマに登場する悲劇のヒロインに憧れる人は少ないはず。それでも最近は、悲劇のヒロインになりたがる女性が増えつつあるのだそう。

    悲劇のヒロインタイプの女性は、かまってほしいと言わんばかりに積極的に不幸アピールをするせいで、「ウザい」「近寄りたくない」と思われることが多いようです。なぜ、悲劇のヒロインになりたがる女性がうまれるのでしょうか。その特徴や原因、心理などを考えていきます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)