乳輪が大きい人の原因とは?乳輪を小さくする方法&男性の本音も紹介

女性の中には、胸の大きい小さいとは関係なく、乳輪の大きさにコンプレックスを感じている人もいるのではないでしょうか。乳輪の大きさはセルフケアや手術で改善することができます。この記事では、乳輪の大きさの改善方法や、大きい乳輪に対する男女の本音について紹介します。

  • 乳輪の大きさや色の平均とは?

    お風呂あがりなど、ふと自分の胸を鏡で見た時に乳輪の大きさが気になる女性は多いのではないでしょうか。乳輪の大きさには個人差があり、どれくらいの大きさが一般的なのか判断がつかない人も居るでしょう。ここでは、乳輪の平均的な大きさや色について説明します。

    「乳輪の大きさ」平均は?


    乳輪のサイズは、一般的に直径3~5cmくらいだと言われています。5cmより大きくなると、男性女性ともに乳輪が大きいという印象を持つようです。ただし、5cm以上あるからといって、ひかれてしまうわけではありません。

    基本的に、胸、乳首、乳輪の3つの大きさのバランスで胸の綺麗さを判断する男性が多いようです。5cm以上あるからといって落ち込む必要はありません。乳輪は後天的に大きくなることもあるので、きちんと原因を分かっていれば乳輪の肥大化を止めることも可能です。

    「乳輪の色」平均は?


    乳輪の平均的な色は人種によって異なります。一般的に肌の色に応じて、色黒の人は乳輪の色が濃い目になり、色白の人は薄くなります。

    男性には桜色の乳首が好まれるというような話がありますが、桜色のような淡い色の乳輪は白色人種の人に見られるようです。そのため、黄色人種である日本人の乳輪は茶色からピンク色の中間あたりの色が多いといえるでしょう。

    乳輪の色は人によって千差万別です。性的経験が多いと乳輪や乳首の色が黒くなるという俗説がありますが、メラニン活動の活発さによって決まるので、性的体験は関係ないといえるでしょう。