【男女別】左利きの人の特徴|恋愛傾向やあるあるエピソードも紹介!

あなたの周りにいる左利きの人には、どんな人が多いですか?実は、左利きの人には共通の特徴があると言われています。この記事では、左利きの人がどんな特徴を持っているのか、そして左利きの人の恋愛傾向や、左利きあるあるエピソードをご紹介します。

  • 左利きは右利きとどう違う?その特徴を徹底解析!

    右利きの人が多く、道具なども右利きの人向けに作られたものが多い中、世界で約10%の人が左利きと言われています。実は、右利きと左利きでは利き手が違うだけでなく、性格にも特徴があると言われているのです。

    ここでは、そんな左利きの人の特徴と恋愛傾向をご紹介します。

    左利きは性格や行動に特徴がある?


    利き手によって、性格や行動の特徴が異なるとされています。そして特徴の違いは、脳に関係あるとされているのです。

    右利きの場合は左脳が、そして左利きの場合は右脳が発達します。左脳と右脳では司っている機能が異なるため、右利きと左利きで特徴が異なるのです。また、赤ちゃんの頃は左利きと思われていても、成長とともに言葉の能力がついて左脳が発達すると、3~4歳頃に右利きになるというケースもあります。

    このように、利き手には脳が大きく関係しています。そのため少数派の左利きは性格や行動が特徴的と言われているのです。

    左利きは矯正すべきなの?


    基本的に、私たちの生活は右利きの人が生活しやすいように作られていることが多いです。道具だけでなく、自動販売機や駅の券売機なども右利きの人が使いやすいようになっているんですよ。

    そのため、小さい子どもがいると「矯正しなきゃいけないのかな?」と悩む親も多いでしょう。また、ひと昔前は、左利きは矯正すべきという考えが強く、右利きになるように練習させたりもしました。

    しかし現在は、左利きを矯正しなければいけないという考えが薄くなってきています。子どもの利き手を無理やり矯正しようとすると、子どもが嫌がって萎縮してしまったり、精神的に不安定になってしまう可能性があるからです。

    もちろん左利きの人は不便なことが多いです。そのため、矯正させたいという人は、遊びの中で右手を使うことを増やしていき、楽しく矯正していくように心がけたほうがいいでしょう。
  • 左利きの人の特徴《男性編1》

    ではさっそく、左利きの人の特徴を具体的に見ていきましょう。これらはあくまでも特徴であって、左利きの人全員に当てはまるわけではありませんが、「言われてみればそうかも」と納得してしまうものも多いのではないでしょうか。

    同じ左利きでも、男性と女性で若干特徴が異なります。まずは、左利きの男性の特徴をご紹介します。

    特徴1:優しく包容力がある


    左利きの男性は、人の気持ちを考えられる性格で優しい人が多いようです。右利き仕様に作られた社会でいつも苦労しているため、人一倍、他人への思いやりがあるのかもしれません。困っている人がいると放っておけない性格の人も多く、そのような性格が頼りがいや包容力に繋がっていきます。

    そのような優しさと包容力のある左利き男性は、女性からの人気が高いようです。

    特徴2:計算するのが得意


    左利きの男性は、IQが高い人が多いようです。実際、IQが140以上の子どもには左利きが多いという統計もあるのだとか。

    また、計算することが得意で勉強がよくできるという特徴を持つ人も多いようです。どちらかというと文系より理系の方が得意という人も多いでしょう。

    特徴3:天才肌


    左利きの人のように右脳が発達していると、空間把握能力や想像力に長けているのが大きな特徴です。そのため、他の人が思いつかないようなことを思いついたり、クリエイティブな一面があったりと、天才肌の気質を持つ人がたくさんいます。

    実際、歴史に残るような芸術家や音楽家には左利きの人が多いと言われています。普段テレビで見かける俳優やお笑い芸人にも左利きの人がけっこういます。

    そして左利きの人は、一度物事を理解すればその天才肌を発揮します。一つの事にどハマりするタイプで、とことん追求していくのも特徴です。そのため、自分の興味のあることへの知識は非常に多く、研究家に向いています。

    特徴4:理解するのが遅い


    左利きの人は頭が良く天才肌ですが、物事を理解するのに時間がかかるという特徴も持っています。なぜなら、左利きの人は直感で行動するからです。

    直感で行動する左利きの人は、長々と説明されるのが苦手で、それを理解するのも遅いです。そういう点では、頭が良いのに理解するのが遅くて不思議な人だなと思われることも少なくないでしょう。