「食い気味」の意味とは?話をかぶせてくる人の心理と特徴を解説!

食い気味に話をかぶせてくる人っていますよね。どうして彼ら彼女らは、食い気味に話を遮るのでしょうか。そこで今回は、「食い気味」の意味や、食い気味に人の話を遮ってしまう男女の心理などをまとめてみました。食い気味で会話してくる人と上手に付き合う方法も紹介しています!

  • そもそも「食い気味」とは?

    なんとなく知っているつもりでいる「食い気味」という言葉ですが、そもそもどういった意味があるのでしょうか。まずは「食い気味」の意味を確認しておきましょう。

    「食い気味」の意味


    「食い気味」とは、「誰かの話を遮って自分の話をし始める」というような意味です。「食い込み気味」という言葉の略語だと考えられるでしょう。具体的に言うと、相手がまだ話し終えていないのに、会話に無理矢理割り込むことを「食い気味」と言うようです。

    また、話の最中に必要以上に相づちを打つことも「食い気味」ととられることがあります。つまり、主として会話をしている人を遮るような言動が、「食い気味」なのです。

    「食い気味」は芸人が良く使う?


    「食い気味」という言葉は、テレビなどで芸人さんがよく使っているイメージはありませんか?これは「食い気味」といわれる言動が、スピード感を感じさせるアクションだからではないでしょうか。

    たとえばツッコミを入れるときは、食い気味にするだけで漫才やコントにリズムが生まれます。また、食い気味にツッコミを入れると、「慌ててツッコんだ感」が出るため、ネタそのものが面白くなりやすいのです。

    そういったことから、「食い気味」の言動は、芸人さんがお笑いのテクニックとして使用することが多いです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)