「世間知らずな人」の特徴とは?共通点や常識ある人になる方法を紹介

この記事では、「世間知らず」とはどういう人を指すのか、どういった特徴を持つのかを紹介していきます。世間知らずと言われるのは、誰だって気持ちの良いものではありませんよね。しかし自分が他人にそう映っている可能性もあるのです。「世間知らず」とは果たしてどんな人なのか、掘り下げていきましょう。

  • そもそも「世間知らず」とは?

    マナーを知らない人や、世間について何も理解していない人のことを「世間知らず」っていいますよね。しかし、世間知らずとは具体的にどういった意味を持つか、説明できるでしょうか?

    「世間知らず」の意味


    世間知らずとは、主に世間や常識を知らない人や、知らないさまを表す言葉です。その場にそぐわない発言や行動をすると「世間知らず」と捉えられることが多いとされています。世間知らずは悪い意味で使われるため、もし言われたら危機感を持ったほうが良いでしょう。

    また、自分が使う場合には、世慣れしていない人や経験が浅い人を表するときに使います。ただし、受け取り手によってはひどく傷つくため、面と向かって使うのは避けたほうが良い言葉です。

    「世間知らず」の英語表記


    「世間知らず」を英語で表すと、「She’s naive.(彼女は世間知らずだ)」「He's so naive.(あの人は本当に世間知らずだな)」という具合に「naive」を使用します。

    日本では「ナイーブ」は繊細、純粋という意味で使われることが多いでしょう。しかし英語になると、「世間知らず」「考えが甘い」という悪い意味で使われます。

    また、世間知らずは、世の中を分かっていない、知らないとも捉えることができます。そのため、「know nothing(何も知らない)」という表現を使用する人もいるでしょう。