「妖艶」の意味とは?妖艶な女性の特徴&モテる妖艶女性の目指し方!

目にすることはあっても、ハッキリとした意味はあまり知られていない「妖艶」という言葉について詳しく紹介します。妖艶な女性は男性を惑わせることができるため、妖艶さが増すと大きな武器になります。こちらの記事では、妖艶な女性の目指し方についても解説します。

  • 「妖艶」とは?

    セクシーで魅力的な女性を表現するときに「妖艶」という言葉が使われます。女性芸能人に対してもよく使われているので、なんとなく言葉の雰囲気を把握している方も多いのではないでしょうか。

    こちらでは、妖艶という言葉の意味について詳しく解説していきます。妖艶の類語や、妖艶な女性が同性に支持される理由についても見ていきましょう!

    妖艶の読み方と意味


    「妖艶」は「ようえん」と読みます。「妖しい(あやしい)」と「艶めかしい(なまめかしい)」が合わさった言葉で、「艶やかな美しさで男性を惑わせる妖しさ」という意味です。

    外見が艶やかで美しいだけでなく、内面からにじみ出る色気やフェロモンを感じさせるような女性の美しさを表しています。金髪美女のような洋風のセクシーさではなく、和服の女性から感じられるような、しっとりとした日本的な色気を指す言葉です。

    「妖艶な女性」のほか、「妖艶さが増す」というように使うこともできます。

    妖艶の類語


    妖艶の類語には、「セクシー」や「エロティック」などが当てはまります。

    一番ニュアンスの近い類語は「婀娜(あだ)」でしょう。婀娜とは、色っぽくてなまめかしいさまや、たおやかな女性の様子を表しています。女性の容姿やしぐさが性的魅力にあふれているという意味です。こちらの婀娜という言葉も、妖艶と同じく日本的な女性の美しさを表現しています。

    「婀娜っぽい」や「婀娜な姿」というように使い、妖艶に比べると少し色っぽさが控えめな雰囲気です。

    媚びない女性らしさ


    妖艶な女性の魅力は、内面からも大人の色気や知性となってにじみ出るものです。自分の芯をしっかりと持ち、女性であることを大切にしますが、男性に媚びることはありません。

    女性である自分を大切にするため、妖艶な女性は年齢を重ねても綺麗です。無理矢理若作りをしなくても、年齢に合った女性の魅力で輝いています。

    男性にも若さにも媚びることなく、自分らしく生きる芯の強さも妖艶な女性の魅力といえるでしょう。

    妖艶な女性に憧れるのは男性だけではない


    男性だけではなく女性からの評価が高いことも、妖艶な女性の特徴です。

    容姿が良い上に要領が良い女性は、「男性に媚びている」と同性から嫉妬を受けることも多いでしょう。しかし妖艶な女性は、女性であることを強調しているにもかかわらず、憧れる女性が多くいます。なぜなら、女性であることを武器にしつつも誰にも媚びず、男女平等に気遣いができるためです。