「猜疑心」の意味とは?猜疑心が強い人の特徴&克服方法まとめ!

猜疑心は、人を疑ったり嫉んだりするという意味で使われる言葉です。猜疑心が強くなると、人のことが信用できなくなるため、良好な人間関係を築けなくなってしまうことも。そこで今回は、猜疑心の意味や類語を始め、猜疑心が強い人の特徴や猜疑心が強苦なる原因、克服法などについて紹介します。

  • そもそも「猜疑心」とは?

    「猜疑心」の詳しい意味が分からなくても、「疑」という漢字が入っているので、「疑うことかな」とイメージする人も多いのではないでしょうか。ここでは「猜疑心」の詳しい意味や類語、対義語について紹介していきます。

    「猜疑心」の意味


    「猜疑心」とは、相手のことを信用することができず、疑ってしまう気持ちのことをいいます。また、人の長所や得意とするところを嫉んだりうらましがったりする気持ちを指すこともあります。

    人のことを信用できず疑い始めることを「猜疑心を抱く」や「猜疑心が生まれる」といい、疑う気持ちが強いときには「猜疑心が強い」という使い方をします。

    「猜疑心」の類語


    「猜疑心」には、様々な意味があるため、意味別で類語を紹介していくことにしましょう。

    まず、信用できないという意味の類語は「不信感」です。疑っているという意味では、「疑心」「疑念」「疑心暗鬼」「警戒心」などの類語があります。また、嫉んだり羨ましい気持ちを意味する類語としては「嫉妬心」などがあります。

    いずれの言葉も、人や物事を信用できない気持ちや疑っているさまを表現するときに使われます。

    「猜疑心」の対義語


    次は「猜疑心」の対義語です。こちらは、先ほどの類語とは反対に、偽りがなく信じることができるときに用いられる言葉となります。

    親しみを持っているさまを意味する「親愛」、信じて頼るという意味の「信頼」や「信用」、じゅうぶんに信じることができるという意味の「信憑」などがあります。

    「猜疑心」の英語表記


    では、「猜疑心」を英語で表すとどうなるでしょうか。英語では「猜疑心」のように疑うことと嫉むことを同時に表現する言葉はありません。そのため、疑うと嫉むは別々の言葉で表現します。

    まず「疑う」は「suspicious」という単語に当てはまります。例文としては、「He is suspicious of everybody(彼は疑り深い)」となります。

    また「嫉む」の場合は、「be jealous of」が用いられ、「You are apt to be jealous of others(あなたは人を嫉みやすい)」と表現することができます。