「虚栄心」の意味とは?虚栄心が強い人の心理&特徴と対処法を紹介!

  • 虚栄心が強い人の「あるある」行動パターン

    虚栄心が強い人にありがちな行動パターンについてまとめました。あなたにも思い当たるエピソードはありませんか?

    すぐに自慢話をする


    虚栄心が強い人はマウンティング体質なため、自慢話が大好き。何かにつけて自分はすごいとアピールし、周囲の人々をウンザリさせます。顔を合わせたコミュニケーションではもちろんのこと、SNSにも常に自慢めいた投稿をしています。

    また、誰かが褒められたり注目を浴びているような場面では、割り込んで自分の話題に持って行ってしまいます。とにかく隙あらば自慢を入れてきますが、当の本人は自覚せずにおこなっていることもあるようです。

    同性に対してマウンティングする


    虚栄心の強さに比例して同性に対する対抗心が強く、常に相手より優位に立とうとマウンティングを仕掛けます。持ち物から仕事の成績、恋人のステータスに至るまで、いつも誰かと自分を比べ、「勝った」と思える要素があれば、それを武器にして相手を攻撃するため、目をつけられた方はたまったものではありません。

    こんな風に、何かにつけて自分より上か下かという目線で他人を評価することが癖になってしまっているのです。しかし、異性に対してはモテたい願望があるため、同性におこなうようなマウンティングはあまりしません。

    SNSの更新頻度と自撮り率が高め


    先程、虚栄心が強い人はSNS映えが好きだとお話ししましたが、もちろん更新頻度はかなり高めです。「話題のカフェに行ってきました」「ネイル変えました」「新しいバッグをゲット」「〇〇ちゃんたちと女子会」などなど。

    さらに、自撮りが多いのも特徴です。物だけを撮ればいいような写真でも必ず本人が写り込み、たっぷり加工を施した笑顔を披露しています。見ている側は「ケーキと自分、どっちを見せたいの?」とモヤモヤした気持ちを抱え込むことに。SNSは気持ちよく自分を盛れるツールなので、手放せないようです。

    ずっと1人でしゃべっている


    おしゃべり好きで自己主張が強いのも特徴のひとつ。とにかく目立ちたい、注目を浴びたい、自分の話を聞いて欲しいという気持ちが強いので、放っておけばひたすらしゃべり続けています。その勢いたるや、聞き手の相槌が適当になってきても気付かないほど。

    話の内容が楽しければ、多少おしゃべりでも歓迎されますが、虚栄心の強い人のおしゃべりは自慢話の割合が多め。ずっと自分の話をしているため、当然周囲はうんざりムードになり、人が離れていくのです。