「虚栄心」の意味とは?虚栄心が強い人の心理&特徴と対処法を紹介!

あなたの身近に、虚栄心が強すぎる困った人はいませんか?今回は、知っているようで知らない「虚栄心」について解説。虚栄心が強い人の心理や行動、上手な対応方法、さらに自分の虚栄心の克服の仕方までお教えします。読めば自分を見つめ直すきっかけになるかもしれませんよ。

  • そもそも「虚栄心」とは?

    「あの人は虚栄心が強い」「あいつは虚栄心の塊だな」など、人を悪く言う時によく出る「虚栄心」という言葉。何気なく使っている人も多いと思いますが、正確な意味をご存知でしょうか?

    「虚栄心」の意味


    「虚栄心」とは、自分を実際以上に良く見せようとする心理のことです。虚栄心が強い人とは、自分を良く見せたいという気持ちが強い見栄っ張りな人のことです。

    「虚栄心」の類語


    「虚栄心」の類語には、「見栄」「虚勢」「自尊心」などが挙げられます。いずれも、プライドが高く自分を重んじる意味が含まれる言葉です。

    中でも「見栄」や「虚勢」は、そのままの自分ではなく実際以上に見せるという意味を持つため、虚栄心とほぼ同義で使われることが多い言葉です。

    「虚栄心」の英語表記


    「虚栄心」を英語で表す際は、「vanity」という単語を使います。「彼は虚栄心の塊だ」を英訳すると「He is a mass of vanity」と表現されます。

    虚栄心が強い人は嫌われる?


    虚栄心が強い人は、周囲にどんな印象を与えているのでしょうか。

    人は誰でも多少の虚栄心を持っているものです。しかし、それがあまりに強すぎると、周囲から引かれる要因になってしまいます。他人をマウンティングして優位に立とうとしたり、自分よりも注目を浴びている人に対して攻撃的になったりと、その行動はあまり褒められたものではありません。

    ところが、中には自分の虚栄心の強さを自覚して上手にコントロールしている人もいます。虚栄心による「悪い癖」が出そうになった時、周囲に気付かれないように自分の中で消化できれば、嫌われることなく良好な人間関係を築いていけるでしょう。
  • 虚栄心が強い人の心理とは?

    関わると面倒に感じてしまうこともある虚栄心が強い人たち。彼らの心の中は、一体どうなっているのでしょうか。虚栄心が強い人たちの心理について紐解いていきます。

    虚勢を張り自分を守っている


    臆病な犬ほどよく吠えると昔から言われていますが、虚栄心が強い人はまさにこれに当てはまります。自分を大きく見せたいのは、本当はとても小さい人間だから。手足をバタバタさせて身の丈以上に暴れることで、周囲に強い人間であると印象付けようとしています。

    虚栄心の鎧を脱げば、実はとても傷つきやすい心があり、虚勢を張ることで自分を守っているのです。

    素の自分を知られるのが怖い


    虚栄心が強く見栄っ張りな人は、素の自分を他人に見せるのが怖いという気持ちを抱えています。これは自分を完璧な人間に見せたいと思うタイプに多く、表面上はにこやかでもどこかに壁を作っている人はこれに当てはまります。

    本当は弱かったり、だらしないところのある自分を見せるのが怖いため、張り付いたような笑顔で人に圧を与えます。また、女性の場合は素顔を他人に見られたくないという思いがあり、虚栄心が強い人は濃いめのメイクで武装する傾向もあります。

    人から羨望の目で見られたい


    「すごいね」「いいなぁ」「羨ましい」と他人から賞賛されるのは、誰だって嬉しいですよね。虚栄心が強い人ほど自分に自信がないため、人からの賞賛を欲してしまいます。

    自己肯定感が低いため、それを埋めるように常に他人からの評価を求めてしまいます。人から羨望の目を向けられることで、初めて自分を認めることができるのです。

    そのため、人に勝ったり注目を集めることにいつも必死で、つい過剰な自己アピールに走ってしまうこともあります。

    自分が一番でないと気が済まない


    とにかく自分が一番であることに非常に強いこだわりを持っているタイプも多いです。自分以外の人間が褒められたり、羨望の眼差しを向けられることが我慢できません。

    誰かが注目を集めて会話の中心になっているときに「私の方がすごい」と割り込んで、場を白けさせることもしばしば。周囲のみんなは、口には出さないけれど「大人気ないな…」と思っていることでしょう。

    また、常に一番でいたいという思いから、勝ち負けにはとてつもなく強いこだわりを見せます。勝手にライバル視されて困っているという人も多いのではないでしょうか。