貞操観念がある女性・ない女性の特徴とは?意味&診断リストも紹介!

「貞操観念」とは、異性と必要以上に関係をもたず純潔を守ろうとする考え方のことです。貞操観念を強く持ちすぎてもモテを遠ざけてしまうし、なさすぎてもよくありません。適度に備えているのが理想です。この記事では、貞操観念のある女性とない女性の特徴や心理、それに対する男性の本音などを紹介します。簡易診断テストも活用してくださいね!

  • そもそも「貞操観念」って?

    そもそも「貞操観念」がどのような意味を持つのかご存知ですか?貞操観念がある女性とない女性の特徴を知る前に、まずは基本的な読み方や意味についてチェックしてみましょう。

    「貞操観念」の読み方・意味


    貞操観念の読み方は「ていそうかんねん」です。おもに女性が異性関係について清いままでい続けようとする考え方のことを示しています。

    噛み砕いていうと、必要以上に男性と関係を持たないことをさしますが、細かく見ると昔と現代で意味が少し異なるようです。

    現代と昔では捉え方が違う?


    貞操観念の使い方は、昔と今で少し変わってきています。昔は「結婚するまで男性と関係を持たない」という意味を持っていました。

    しかし現代は、晩婚化や自由恋愛がすすんでいることもあり、結婚前に異性と関係を持つ人がとても多いです。そのことから、「恋人や結婚相手だけしか関係を持たないこと」という意味に変わりつつあります。