彼氏を不安にさせるテクで心を揺さぶる!メリットやNG例まとめ

  • 彼氏を不安にさせて駆け引きを成功させるコツ

    最後に紹介をしていくのが、彼氏を不安にさせて駆け引きを成功させるコツです。彼氏を不安にさせることにはメリットもありますが、一歩間違えば破局に一直線というリスクもあります。

    そんな危険を回避するためにも、少しでも駆け引きを成功させるコツを知っておいたほうが良いと言えるでしょう。

    彼氏を不安にさせる際、どんなことに気をつければいいのか…成功の秘訣を解説していきます。

    彼を大好きなことは隠さない


    「大好きな気持ちを隠さないこと」。彼氏を不安にさせる場合は、この気持ちは必ず持っておきましょう。失敗する例の多くは、彼氏が彼女の気持ちを勘違いしたことで悲劇が起きています。彼女の気持ちが冷めた、他の男を好きになった、そんな勘違いが自信喪失に繋がり、別れを選ぶきっかけになるのでしょう。

    そうならないためにも、彼氏を大好きな気持ちは隠さないようにしてください。彼氏を不安にさせても、愛情表現は欠かさずにするのが吉。

    むしろ不安にさせられつつも彼女からの愛情を感じるため、「彼女からのこの気持ちをなくしたくない」と思わせることができて、より誠実に向き合ってくれる可能性は高くなります。

    遠慮せずホンネで話す


    遠慮せずにホンネで話すことも、彼氏を不安にさせるテクニックでは必要なことです。不安にさせることで失敗する例のほとんどは、彼氏が彼女の気持ちを誤解すること。不安な気持ちになると人はマイナス思考になりやすいため、普段より誤解しやすいことを忘れてはいけません。

    どんな方法で彼氏を不安にさせるにしても、遠慮せずにホンネはぶつけていきましょう。直してほしいところ、自分が不安に思うところを正直に話していけば、きっとわかってくれるはずです。

    意地悪な気持ちは持たない


    彼氏を不安にさせたいと思うということは、少なからず彼氏に対してちょっとした復讐をしたいと考えている人も少なくないでしょう。そのため、日頃の仕打ちの仕返しとして、つい意地悪をしたくなる人もいるはずです。

    しかし、冷静に考えてみれば彼氏を意図的に不安にさせようとしている時点で、十分意地悪な行為だと言えます。日頃の鬱憤を晴らすために必要以上に不安にさせたいと思うものですが、そこはグッと堪えるのが正解です。

    必要以上に不安にさせてしまえば、不安な気持ちからいっそ別れたほうがマシだと考える可能性があります。そうなると本末転倒になるため、意地悪な気持ちを持たず、彼氏と正直に向き合いたいという気持ちを強く持つようにしましょう。

    自分の為にもなることをする


    不安にさせる方法はさまざまありますが、成功させるためには「自分の為にもなることをする」ということを意識しておくことが大切です。

    たとえば彼氏が構ってくれないから不安にさせたいならば、まずはあなた自身が彼氏に依存しすぎていないか考えてみてください。彼氏中心の生活になっていれば、それだけ不安も不満も溜まりやすくなります。少し気持ちに余裕を持てなくなっているかもしれません。

    そんな気持ちに心当たりがある人は、趣味の時間を作ったり、友達との約束を取り付けてみたりすると、視野も広がって冷静な判断ができるようになります。

    結果的に彼氏を不安にさせることもできるため、一石二鳥だと言えるのです。なるべく自分にとっても、彼氏にとってもプラスになる方法を選んでいきましょう。
  • 彼氏を不安にさせて存在の大きさを思い出させよう!

    彼氏を不安にさせたいと思ったならば、まずは冷静にその理由を分析して、お互いのためになる方法を探してみてください。また、2人の関係の在り方を改めて考えることも大切です。

    2人の関係が上手くいかないことは、少なからずお互いに非があることがほとんどです。彼氏を不安にさせるだけでなく、そもそも自分も不満を抱かせるようなことをしていないか、これを機に考えてみると良いでしょう。

    自分たちにとってどんな付き合い方がベストなのか、彼氏を不安にさせる方法とともに考えてみてくださいね。

Photo:All images by iStock