嫉妬した男性がとる態度とは?やきもちを妬く男性心理を詳しく解説!

  • 男性を嫉妬させる際の注意点!

    男性を嫉妬させるときに注意しておきたいのが、「ハイリスク・ローリターン」であること。彼の気持ちが自分に向いていることを確認できますが、そのメリットと比較してリスクが大きいです。そのため、男性を嫉妬させる際に必要な心構えを知っておきましょう。

    嫉妬させたままにしない


    男性を嫉妬させたままでいると、どうなると思いますか?その嫉妬心を克服するために、自分への想いが熱烈になると考えていませんか?そう考えているなら、その認識は改めたほうがよいでしょう。

    嫉妬は不快な感情。それをもたらしたまま放っておくような女性を、男性は信頼しません。場合によっては、好き勝手に人の心を弄ぶような女性だと思われる可能性があります。

    初めのうちはつらくても我慢してくれるでしょう。しかし、時間がたつにつれ、「この女性と一緒にいるのは苦痛」と感じるように。一度そうなってしまうと、信頼を取り戻すのは困難です。

    怒らせることを覚悟する


    当然ながら、男性は不快にさせられるわけですから、力加減を誤ると怒らせることになります。大切な彼女の気持ちが離れてしまう様子なんて、男性は考えたくないのです。女性が自己満足のためにそれをさせれば、頭に血がのぼるのも当然。

    たとえ嫉妬させて男性に怒られても、それは怒らせたあなたに原因があります。あらかじめなんらかのフォローを考えておいたほうがよいでしょう。

    嫉妬させた理由を伝える


    いきなり嫉妬心をかき立てられた男性は、いったいなぜこんな不快な思いをさせられなければならないのかと不満を抱きます。そのため、理由をちゃんと伝えましょう。

    「大好きなあなたから大切に思われているか確認したかった」といえば、たいていの男性は許してくれるはず。少なくとも「もしかして他の男性に目移りしたのでは」という、最悪の状態に対する恐怖からは解放されることになります。