嫉妬した男性がとる態度とは?やきもちを妬く男性心理を詳しく解説!

  • 男性を嫉妬させる方法とコツとは?

    彼氏が嫉妬するのはあなたに夢中だから。そのため、あえて彼氏に嫉妬させ、その態度を見たいと思う女性も多いのではないでしょうか。

    しかし、一歩間違うと破局の道に一直線。そこで、適度に嫉妬させる方法とコツを紹介します。

    他の男性の話をする


    さりげなく他の男性の話をしてみましょう。ここで褒めてはいけません。あくまで、ほかの男性の話題を持ち出すという程度に抑えておきます。たとえば、「Aさんが違う部署からこっちに配属になった」など。それだけで充分、嫉妬心を喚起することができます。

    彼がムッとしたり、あからさまに話題を逸らすなどの態度をとれば、それは嫉妬している証拠。場合によっては、ちょっと不機嫌に「そのAさんがどうしたって?」と聞いてくるかもしれません。その男性から目を背けたいような、しかしライバルとしてリサーチもしたいような、複雑な感情に襲われるのです。

    何かに没頭する


    彼のことを放ったらかしで、何かに没頭してみましょう。仕事でも趣味でも構いません。とにかく、「彼よりこっちに夢中」と言えるようなものを1つ用意します。

    すると、彼が寂しくなってあなたに連絡をしたり、会おうと言ってくるかもしれません。その態度には「会いたいけれど、邪魔するのは申し訳ない」というジレンマが隠れています。それ以上意地悪をすると気持ちが離れてしまうおそれがあるため、彼の葛藤が態度から確認できたらそこで満足してあげましょう。

    連絡しない


    メールやLINEを無視し、冷たい態度をとります。もちろん、完全に無視すると何かあったのではないかと思われるため、ちょっと返事をいつもより遅らせるくらいがよいでしょう。

    彼氏は、いつもと違うあなたの態度に「おや?」と思います。そして、もしかして自分よりも大切な人ができたのではないかとやきもき。不安になった彼は、それまで以上に頻繫に連絡をくれるようになるかもしれません。

    元カレの話題を出す


    これは下手をするとダメージが大きくなりがちなので、注意すべき方法です。しかし、ほかの方法では嫉妬心をあらわにしない男性も、この方法であれば思わずムッとせずにはいられないでしょう。

    元彼の話を出すと、たいていの男性はその男をライバル視します。そして、自分こそがその男性よりも彼氏としてふさわしい男でありたいと思うのです。間違っても元彼と今の彼氏を比較して、今の彼氏を否定するような言葉を出さないように気をつけながら行いましょう。