嫉妬した男性がとる態度とは?やきもちを妬く男性心理を詳しく解説!

  • 嫉妬した態度をとる男性への対処法!

    嫉妬を放っておくと、それが二人の関係の危機に直結することも。そのため、嫉妬が態度に表れたら、それができるだけ膨れ上がらないうちに鎮めておきたいものです。では、そのための対処法を見ていきましょう。

    男性の態度を受け入れる


    まずは男性の態度を受け入れるところから始めましょう。なぜなら、嫉妬が良くない感情であることは、男性本人もよく分かっているからです。それを非難されてしまうと、態度に出せなくなり感情の出口がなくなってしまいます。

    場合によっては、「自分は嫉妬するダメ男なんだ」と考えて自信を喪失。そして自信を失うことはさらなる嫉妬心を呼び起こします。

    嫉妬は誰もが抱く感情ですから、ひとまずその態度を受け入れて処理するしかありません。ここは一歩譲って、男性の気持ちを汲んであげましょう。

    不安の正体を確かめる


    次にやるべきことは、彼氏の嫉妬心の原因を突き止めることです。彼が、誰のどのような点に嫉妬しているのか明らかにしましょう。

    単に彼女が異性と話しているだけで嫉妬するのか、あるいは一定の特徴を持った男性が相手の時だけ嫉妬するのかなど詳細を突き止めます。お互いに真剣に向き合わないといけない大変な作業ですが、ここが正念場。一度分かってしまえば、その後の対処は随分と楽になるでしょう。

    相手の不安を取り除く


    嫉妬心の原因が判明したら、次はそれを取り除くための方法を考えます。ここで特に注意したいのは、線引きをすることです。何をどこまですることが許容できるのか決めておきましょう。

    たとえば、職場で異性と二人で話すのは構わないが、二人きりで飲みに行くのはアウトなど。こうして決めたルールを守ることで相手を安心させましょう。女性がルールを守る態度を見せれば、男性は安心し、やがて嫉妬心が生じる頻度も少なくなります。

    愛情を伝える


    嫉妬心の原因に対して現実的な対処を行うと同時に、気持ちとして彼氏の心を大切にすることも必要です。そもそも彼が嫉妬深い態度を見せるのは、あなたに自分だけを見てほしいから。あなたの愛情がどこかへ行ってしまうのが恐ろしいのです。

    だから、率直に言葉で愛情を伝えましょう。彼のことが一番大事なのだと伝えれば、彼の不安は和らぐもの。そして、あなたがほかの男性に目移りしないことが実感として分かれば、だんだんと嫉妬深い態度を見せなくなります。

    行き過ぎた嫉妬心には抗議する


    ここまでは、彼の嫉妬心を汲んだうえでの建設的な対処方法を紹介してきました。しかし、中には過剰な嫉妬心であなたの行動を束縛してしまう男性もいるでしょう。その場合は、あなたは毅然とした態度で立ち向かわなければなりません。

    と言っても、彼の気持ちを否定すべきと言っているのではありません。感情を否定すれば、かえって状況は悪い方向に向かいます。そうならないためには、理性に訴える態度が大切。客観的にやりすぎだと自覚できれば、彼も自分の態度を見直すでしょう。一度反省できれば、後はこれまで解説したような話し合いで対処できるはずです。