嫉妬した男性がとる態度とは?やきもちを妬く男性心理を詳しく解説!

  • 付き合ってない男性が嫉妬の態度をとる理由

    付き合っているのであれば、男性は「大好きな彼女だからこそ、彼女の中で一番でありたい」と思うもの。しかし、人によっては交際前から嫉妬深い態度をとることも。そんな男性の心理を見ていきましょう。

    女性を自分のものだと思っている


    交際前からすでに対象の女性を自分のものだと思っているケースがあります。と言ってもほとんどの場合は、交際している状態としていない状態の区別がつかないような、精神的な異常があるわけではありません。本人は付き合っていないことをよくわかっているのですが、その女性に自分だけの女性でいてほしいと強く思っています。

    その気がない女性からすれば迷惑でしかありませんね。ただ、このケースで1つ言えるのは、彼があなたに対して抱いているのが明確な恋心だということ。あなたのほうにも気があるのであれば、何かのきっかけで交際に至る可能性は高いといえます。

    不安な態度を隠せない


    片想いしている場合は、自分の想いを受け取ってもらえるのかどうか、不安で嫉妬心を抱くこともあります。相手の女性がほかの男性と親しくしているのを見ると、「どうせ自分なんて」と落ち込んだ態度が出るように。

    根本的には「自分だけの女性であって欲しい」という独占欲と同じ。ただ、こちらの場合は消極的で、あまりに相手の女性を高嶺の花だと思う結果、諦めがちな傾向にあります。

    恋敵に負けたくない


    恋敵、あるいは恋敵予備軍の男性がほかにいると、その男性に対して嫉妬心を抱きます。ライバルだと認識した時点で、戦いは始まっているのです。

    こうなると、ライバルの一挙手一投足を気にせずにはいられません。自分より高い評価を得たり、意中の女性と親しくされたりすると、メラメラと対抗心を燃やすことになります。

    場合によっては、意中の女性と付き合うためではなく、その恋敵に打ち勝つこと自体が目的になることも。ライバルがいるほうが恋が燃え上がると言われますが、それは嫉妬心のなせる技といえるでしょう。

    恋心ではないが独占したい


    別にその女性に恋をしているわけではないのに、独占したがるケースもあります。そして、その独占欲が嫉妬心をもたらすことも。

    たとえば、入社したときからめんどうを見てきた可愛い後輩が、ほかの男性と親しくしている場合に嫉妬するのがこのパターンです。恋愛対象ではなく、あくまで「可愛い後輩」なのですが、ほかの男性にとられるのは気に入りません。同じ交際前の嫉妬でも、純粋な恋心に起因する嫉妬より面倒くさいタイプといえます。

    承認欲求が強い


    人はたとえ恋愛感情を抱いていない相手でも、自分を認めてほしいという気持ちを抱きます。同性であっても、先輩や上司から褒められると嬉しいですよね。これと同じ感情から嫉妬心が芽生えることがあります。

    特別その相手を独占したいと思っているわけではありませんが、とにかく自分を認めて欲しいのです。その承認が女性からであれば、男としての自信もアップ。この感情も、根底には自信のなさ、つまり劣等感があるといえます。