セフレは本命彼女に昇格できる?男性の本音とアプローチ方法を解説

  • セフレから彼女に昇格できない女性の特徴

    セフレから彼女へ昇格したくても、次のような特徴のある女性は、残念ですがその道は遠いといわざるを得ません。前項目の対になる女性が、彼女への昇格はできないと判断してもいいでしょう。

    言うとおりにしてばかり


    セフレの関係性である時に、色んなことを理解した上で、物分かりが良かったり受け身でいる女性は魅力的に感じます。これは、ただ単に男性の”言うとおり”になる事とは大きく違います。

    物事が何も理解できないまま、「男性が言うから」という理由で、そのとおりにしてばかりいる女性はアウトです。そんな女性は、もしも彼女になっても面白味がなく、「セフレのままでいい」と判断されてしまうでしょう。

    依存している


    今の時点でセフレという関係なのに、相手の男性に依存してしまっている女性は、彼女への昇格は無理かもしれません。男性を頼ることは悪くはありませんが、依存となると話は別です。セフレの関係でも重荷に感じる女性は、それ以上の彼女という存在は望めないでしょう。

    かまってちゃん


    ”私をかまって”という気持ちが強い女性は、セフレから彼女への期待度は低くなるのではないでしょうか。「もっと会って」とか「まだ帰りたくない」などの”かまって欲しい”発言が多い女性は、男性の気持ちを冷めさせてしまうでしょう。

    男性にしてみれば、そもそも彼女として対応することを避けるためのセフレなのです。なのに、セフレの段階で”かまってちゃん”な特徴がある女性は、彼女として考えることを遠ざけてしまうことになります。

    男性の行動を細かくチェック


    女性の気持ちのウェイトが大きくなってくると、セフレという関係性を忘れ、男性の行動をチェックしがちになります。「昨日電話に出てくれなかったのはどうして?」などと詰め寄り、男性のプライベートに踏み込もうとしてしまうのです。

    セフレの段階で、男性の行動を細かくチェックするのは当然のごとくアウト。男性のプライベートに踏み込み過ぎると、彼女に昇格どころか「離れたい」気持ちにさせてしまうでしょう。

    怒りっぽい


    短気で、なにかと怒りっぽい女性は彼女への昇格は難しくなります。彼女への昇格を願うのであれば、男性に”癒し”を与えられる存在でなくてはいけません。

    体の相性が良ければ、短気な女性でもセフレまではOK。しかし、そこから彼女になることは考えにくく、できれば短期間で関係を終わりにしたいとすら思われてしまうでしょう。

    いつも一緒に居たがる


    ”彼氏とはいつも一緒に居たい”タイプの女性は、男性の気持ちに負担をかけ、あまり彼女にしたいと思われづらいでしょう。ですがこの場合、男性も同じように”寂しがり”なら彼女への昇格の可能性はゼロではありません。

    セフレの段階で男性に寂しがりな面が見られたら、「彼氏とはいつも一緒にいたいな」と言っておくと、逆に良い効果を生む期待度も高まるでしょう。
  • 男性が見せる「セフレから彼女」への昇格サイン

    男性の気持ちに変化が表れた時、「セフレから彼女」へと何かしらのサインを送ってくるはずです。ここでは、どんなサインがあると彼女にしたい気持ちがあるのか、ご紹介していきましょう。

    エッチ抜きでも会ってくれる


    ランチするだけ、また観たい映画があるから付き合ってなど、エッチ以外が目的なのに会ってくれる場合は、女性を彼女として意識し始めた証拠です。”エッチの相手”ではなく、一人の女性として関わりたい。そんな気持ちが高まっていると解釈してもいいでしょう。

    プレゼントをしてくれる


    ちょっとしたプレゼントをしてくれるようになったら、彼女への昇格のサインと受け取ってもいいのではないでしょうか。男性が女性に”お金を使う”のは、少なからず好意の証です。自分のお金を使ってプレゼントをし、女性に喜んでもらいたい。そんな気持ちが確実に潜んでいるはずです。

    女性を優先し始める


    これまでは男性の都合で会うことがほとんどだったのに、女性の予定や都合を聞いてくれるようになったら、彼女への昇格のサインかもしれません。この他、男性に予定があったのにも関わらず、女性と会うことを優先してくれる場合も同じです。このように、自分の都合を優先せず、”女性優先”になり始めたら、彼女への昇格はほぼ間違いないでしょう。

    本気で怒る


    二人の間にちょっとした問題が起きた、また女性に対して、男性が本気で怒る様子を見せたら、女性へ確実に好意の気持ちがあると理解してもいいでしょう。

    セフレの関係ですと、セックスすることが最大の目的ですから、お互いの気持ちが通っている・いないはあまり関係ありませんよね。なのに本気で怒るのは、男性の気持ちが大きく揺れ動き、女性を彼女として意識し始めていることになるでしょう。

    女性のプライベートを聞いてくる


    「今度の休みは何してるの?」など、女性のプライベートを聞いてくるようになると、彼女への昇格の期待大と考えていいでしょう。セフレの関係なら、お互いが会える時に会えれば、その他のことは気にならないはずですよね。女性のプライベートを聞くということは、会えるかどうかが気になっている、もしくは女性の普段の様子を知りたがっている証拠なのです。

    用事のない連絡が多くなる


    これといってなんの用事もない連絡が多くなると、男性の中でセフレではなく、彼女としての意識が芽生えていると理解してもいいでしょう。セフレとして会えるかどうかより、今女性が何をしているのかが気になっているのです。「今週は仕事が忙しい!君の方はどお?」など、たわいもない連絡が来ると、女性に気持ちが傾いていると考えて間違いないでしょう。