「寂しいから別れる!」感情的になる前にやるべきことを解説!

彼女から「寂しいから別れる!」と言われてしまったら、ほとんどの男性は驚いてしまうでしょう。女性が「寂しいから別れる」と告げる心理や、振られた側の男性の心理などを紹介します。寂しいと感じたときの「別れる」以外の対処法も紹介しますので、男女関係なくどちらの立場の人も参考にしてみてくださいね。

  • 寂しいから別れたい…でも本当に後悔しない?

    「寂しいから別れる」と彼女に言われた経験のある男性、実は少なくありません。そう言われた男性の中には、「なぜ別れ話になるのか理解できない」という人もいるのではないでしょうか?また女性としては、なぜ彼氏にこの気持ちが伝わらないのかヤキモキしてしまうこともあるでしょう。

    ここでは、寂しいと感じる女性の心理パターンをはじめ、別れることを避けるための対処法を紹介していきます。彼女に寂しい思いをさせたくない男性はもちろん、寂しい思いをしている女性にも参考にしてもらえることが満載です。経験談もありますので、自分の状況に合わせて参考にしてみてください。
  • 寂しいから別れたいと感じる女性の心理

    男性には理解が難しい「寂しいから別れる」という女性の心理には、いくつかパターンがあります。まずは、寂しさの理由を理解していきましょう。

    不安だから


    寂しいから別れたいという彼女は、多くの場合、不安を抱えています。「付き合っている彼氏がいるのになぜ不安になるの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、彼氏がいても不安になることはあります。むしろ、彼氏がいるからこそ不安が生まれることもあるのです。

    彼氏の反応や行動にいちいち過敏になってしまう女性は、このような不安に陥りやすいと言えます。いつか別れる日が来るのではないか、などの不安はハマると抜け出しにくいとか。不安の感情を理解してもらえないと、寂しさに繋がってしまいます。

    彼氏のことばかり考えてしまうから


    一緒にいない時まで常に彼氏のことを考えてしまうことは、時に寂しさに繋がってしまうことがあります。彼氏からの連絡ひとつひとつに一喜一憂してしまい、自分自身を追い詰めてしまうのです。

    彼氏には彼氏の生活があるとわかっていても、彼のことばかり気にしてしまい、自分ばかりが生活を犠牲にしているような気持ちになると、寂しさを感じてしまうでしょう。

    常にスマホの通知を気にしてしまったり、今日は何をしているのかと考え過ぎてしまったら、疲れてしまいます。次第に交際そのものが寂しいものと思えてしまい、別れる気持ちを固めてしまうこともあるようです。

    自分ばかり好きで惨めな気持ちになる


    「惚れた方が負け」という言葉があります。恋人のためのプレゼントや、相手を思っての行動に対して、充分な好意が返されなくて不満を感じてしまった経験がある人もいるでしょう。そんな時は自分が損をしていると感じ、「惚れた方が負け」という思考になってしまうようです。

    恋愛は決して勝負ではありません。しかし「自分は損をしている」と認識してしまうと、優劣があるように感じてしまいます。そのため、恋人と一緒にいても自分は劣っていると錯覚してしまうと、一緒にいることすら辛くなるのです。

    分かり合うことが出来ない


    付き合っている彼氏と分かり合えないと感じる瞬間、多くの女性は寂しさを感じると言います。恋人とのデート中、会話をしていて噛み合わないと感じた経験は誰にでもあるでしょう。世間話などなら多少のすれ違いも気にならないでしょうが、価値観や感覚のズレとなると関係にも支障をきたしてしまうのです。

    物事の考え方は人それぞれとはいえ、恋人と分かり合えないのは、彼女にとっては重大な悩みとなります。わかってもらえない寂しさを今後も抱えたまま交際出来るのかどうかを考えた結果、別れることを選んでしまう女性もいるようです。

    長続きせず別れる予感がする


    長く一緒にいるうちに相手の性格や生活環境について知ることが出来ますよね。また相手の意外な一面を知ることも出来るようになるはずです。この交際期間に、相手を嫌いになった訳ではなくとも、別れる予感がしてしまったことのある人は意外と多いのではないでしょうか。

    好きだけれど、別れる時が来るのであれば早めに行動したほうが良いのではないか、彼氏も同じように思っているのではないかという疑念が、彼女に寂しい気持ちを抱かせてしまうのでしょう。