「押してダメなら引いてみろ」王道恋愛テクの方法と効果を徹底解説!

  • 「押してダメなら引いてみろ」の具体的なテクニック

    恋愛を成就させるための大きな効果が期待できる「押してダメなら引いてみろ」を実践しない手はありません。相手の行動を引き出せるような心の余裕を持つことにもつながりますので、単にテクニックというだけでなく、お互いにとって有意義なものになるはずです。

    では、「押してダメなら引いてみろ」とは具体的にはどのような行動を指すのでしょうか。よく行われる代表的なものとその方法をご紹介します。

    話しかけるのを控える


    いつも自分から積極的に話しかけていた場合、それを控えてみましょう。相手から話しかけてもらうまで待ってみてください。

    相手にとっては話しかけられるのが当たり前になっているため、「なんで話しかけてくれないんだろう?」と違和感を抱きます。その違和感が意識するきっかけになるのです。

    ただし、ただ気まずいだけになってしまう可能性もありますので、相手が話しかけやすい状況(近くにいるなど)を作ることも、併せて行うとよいでしょう。

    自分から連絡するのをやめる


    連絡するのはいつも自分からだった場合は、連絡を控えるという方法が効果的です。頻繁に連絡していた人はその頻度を減らすことで「押してダメなら引いてみろ」を実践することもできます。

    いつもくれていた連絡が急になくなると、相手も不安や戸惑いを感じ意識するようになるでしょう。「最近何かあった?」と心配するようなメールやLINEが相手から送られてくるかもしれません。

    会えない時間を作る


    顔を合わせるのが当たり前だった人と急に会えなくなると、一気に意識するようになったというケースも少なくありません。この心理に働きかけるべく、あえて会えない時間を作るようにしましょう。

    会いたい気持ちを「押してダメなら引いてみろ」の精神でぐっとこらえるのです。会えない時間に愛が育まれる可能性を信じましょう。

    淡白な接し方をする


    明らかに自分に気がある態度だった人が、急にそっけなくなったら「どうしたんだろう」と思いませんか?このように、わざと淡白な接し方で相手の気持ちを揺さぶってみましょう。

    ただしあまり露骨に冷たくすると嫌われてしまいます。ほどほどに愛情表現を控えて、たまにそっけない態度を取るぐらいにし、基本的には他の人と同じように接するようにするのがポイントです。